2016年08月24日

呪いの絵馬は東京オリンピックまでに何とかしなきゃ!?


 以前、過去記事『和宮で有名な板橋宿に行ってきました!』で紹介した板橋宿にある縁切榎(えんきりえのき)。その直ぐ脇に小さな神社があるのですが、そこに奉納されている絵馬に書かれている内容は・・・・、とてもここでは書けないようなものです。人間の性(さが)の悲しさという言葉を思い出してしまいます。

縁切り榎


 日本の歴史は、2000年以上続く世界に誇れるものだとは思うのですが、その歴史の中には闇の部分があります。平安貴族たちが恐れた呪いの世界。

 1200年も前の呪いが現代の東京でも息づいています。

 神社に奉納された絵馬。そこに書かれている内容は、通常は、健康祈願や成功成就といった事柄なのですが、縁切榎がある社に奉納されている絵馬はかなり違います。

 東京オリンピックでたくさんの観光客が来日すると思いますが、彼らの目に触れさせては行けない場所。それが、縁切榎にある社です。

 そこに奉納されている絵馬に書かれているのは、胸くそが悪くなるような自己中の人間が書いた呪いの言葉。身の毛もよだつとはこのことかと思いました。

 そこで、警告文の絵馬を考えて見ました。

noroino_ena05.jpg


noroino_ena01.jpg


noroino_ena03.jpg


noroino_ena02.jpg


noroino_ena04.jpg


 この警告文の絵馬。お土産として売れるかも。


posted by ネコ師 at 15:09 | Comment(0) | 役立つ知識(生活編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

服に付いたシミを取り除くスーパー主婦のすご技!


 以前、過去記事「冷めても美味しい? カボチャのマリネの作り方」で、来日したスーパー主婦のすご技!を紹介したのですが、今日はその第2段。番組で紹介していたスーパー主婦による染み抜きの方法です。

 うちの奥さんから、「パートの作業着に付いたシミを取って欲しい」と頼まれました。
 白い半袖のシャツで、パートをやめるので会社に返却するのですが、シミがたくさん付いていてみっともない。そこで染み抜きを依頼されという分けです。

 白い布地は清潔感があるのですが、食べこぼしなどのシミが付いているととても目立ちます。

  2016年5月24日放送のNHK BSプレミアム『スーパー主婦 ザ・ワールド』の中で、旅館の座布団に付いた染み抜きをやっていたので、今回はその方法を使いました。

スーパー主婦が教える染み抜きの方法

 番組の中では、旅館の座布団に付いたシミをキレイに取り除いていました。その方法は以下のものです。

 用意するのは、@ 炭酸水(砂糖が入っていないもの)、A 重曹、B 台所用中性洗剤の三つです。油分を含んだシミにはBを使いますが、油分を含まないシミの場合には@とAだけでOKです。

1.炭酸水のボトルを軽く振ってフタを開ける。炭酸水なのでボトルの口から少し吹き出ます。
2.炭酸水をシミの上に乗せ、1分程度放置する。⇒ 炭酸水の発砲を利用し汚れを浮かせる。
3.次に、重曹をシミの上にのせる。2、3分放置。無数の泡が発生します。
4.(油汚れの場合は)台所用中性洗剤をシミの上に乗せる
5.乗せた材料をスプーンの底などで軽く混ぜ合わせ、発泡を促す。
6.5分程度放置した後、キレイなタオルで、上から叩くようにしてシミの上の液体をタオルに吸い取る。この時、けっした擦ってはいけない。軽く何度も叩くのが基本。
7.後は水ですすいで乾かす。

 これでキレイにシミが取れました。嘘のようにキレイになりました。

 白い服を着ていると、知らず知らずのうちにシミが付いていることがあり、それを見つけるとがっかりします。注意していたはずなのにどこで付いたのだろう?

 でも、染み抜きの方法を知っておけば白い服を着ている時でもシミを気にしなくて済みます。

 原理は、炭酸水と重曹を混ぜることで小さな無数の気泡が発生し、シミを浮かせる。それをタオルに移し取るということです。タオルに移し取るので、タオルは少し湿った状態のものの方が効果的です。乾いたタオルは水をはじくので。

 この方法はとても有効だと実感しました。是非お試しを! あきらめていた服が蘇ります。


posted by ネコ師 at 04:01 | Comment(0) | 役立つ知識(生活編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

猫を飼うと飼い主が長生きする仕組みを解説?


 ふと、長寿の秘訣は猫を飼うことではないのか、と考えました。

 こう書くと「アニマルセラピー」のことを頭に浮かべた方もいると思います。でも、管理人の発想は全く別の所にあります。

 一般に、動物は栄養状態がよいと長生きするようです。日本人の寿命が世界的に高い水準に急速に至ったのは、栄養改善と栄養の質と考えられているようです。

 同じ日に生まれ、同じ食べ物を食べていても死ぬ日は皆違います。

 なぜでしょうか。どうして同じ日に死なないのでしょうか。不思議に思いませんか。

 管理人は、「アニマルセラピー」の考え方はとても表面的と思えます。
 「アニマルセラピー」における動物は「癒やしの効果」に特化されており、とてもうさんくさい理論です。メンタル面の効果は証明が難しい。

 管理人は、むしろ、細菌接触による免疫力の向上にこそ焦点を当てて研究すべきではないかと考えています。

 猫はネズミを捕まえます。うちの愛猫ピーちゃんもよく捕まえてくるので困ります。ピーちゅんは獲物を傷つけないような噛み方で家にネズミを持ち帰るので、無傷のネズミが家中を逃げ回り、大変な目に遭います。

 ところで、このネズミは、道ばたの側溝をねぐらにするドブネズミです。衛生面から見たらこれ以上不潔なものはないと思えるような生き物です。

 でも、猫はこのネズミを捕まえます。猫も当然、細菌に汚染されます。しかし、だれも猫を消毒しようとはしません。衛生面にうるさい奥様方も猫を消毒している人はいないのではないでしょうか。

 猫の表皮はとてもデリケートなので、殺菌しようとすると炎症を引き起こします。

 近年、感染症や寄生虫症の患者数が減少する一方でアレルギー患者数が急増しています。現代社会があまりにもキレイになりすぎたのが原因のようです。たとえば、サナダ虫を体内に飼っているとアトピーは完治するそうです。

 過度に盲信する清潔志向。キレイになりすぎた環境。それをさらにキレイにする商品も販売されています。除菌グッズや紫外線照射機能付きの掃除機などです。

 このようなキレイな環境は健康のために、一見好ましいように思います。しかし、結局は人間の免疫力の低下につながっているのではないでしょうか。人間の免疫機能が怠けてしまい、いざというときに役に立たない。

 テレビで東京・杉並区ちびっこランド八幡山園という保育園で、子供たちを外に連れ出しどろんこ遊びをさせている映像が流れていました。泥の中には土壌菌がいて、子供たちを自然に遊ばせれば、自然に免疫力も上がってくると思う、園長が話していました。子供を保育園に預けている親は、確かに風邪をひかなくなったし、アレルギーもない、と実感しているようです。

 『免疫力アップのために積極的に細菌に触れる』
 
 大人はどろんこ遊びはしませんが、このキレイすぎる環境の中にあって、たくさんの細菌を積極的に我々に提供してくれるのが『猫』。

 毎日、たくさんの細菌をバランスよく家の中に運び入れてくれます。そして、飼い主は、日常的にそれに積極的に接している。これは行動範囲が限定されている犬の比ではありません。

 病気に罹りやすい人と罹りにくい人がいます。その違いはその人の持つ免疫力。たくさんの細菌に日常的に接することで免疫力は強化されます。

 世界的な免疫学の権威である大阪大学免疫学フロンティア研究センターの坂口志文教授が、「社会が衛生的になり、その結果として逆に増えてくる病気がある。そのひとつがアレルギーである。」と述べています。

 素人が専門家のフリをできる分野のひとつが「セラピー」だと思います。だから「アニマルセラピー」と聞くとうさんくさいと思ってしまう。米ミネソタ大学心臓病研究所のアドナン・クレシ博士のグループの研究結果などを使って、その有効性を論じるのが素人のセラピストたち。自分で研究などせず、専門家を自称しています。

 「アニマルセラピー」を全否定するつもりは毛頭ありませんが、本稿で述べる細菌と免疫のメカニズムを度外視した主張はいかがなものかと思います。あまりにも薄っぺらな理論という気がします。

 オリンピックで活躍したアスリート達も引退しトレーニングをしなければ、筋力は一般人並になるのではないでしょうか。

 明治生まれの人は・・・というフレーズに続くのは、精神と肉体の強靱さでしょう。精神についてはわかりませんが、肉体については分かります。

 「どれだけ細菌に汚染された環境を生きてきたのか」

 このキーワードで過去の人々を見直すと長寿にまつわるヒントが見えてきそうです。
 
<参考>
テレビ番組の部分は以下を参照
2016年1月27日 TBS1 『テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える 今年の細菌・ウイルス大疑問』

 過剰異常な免疫反応を抑える。そういうことに特化したリンパ球がいる。それが制御性T細胞(Tレグ)。免疫反応を抑えるTレグは人により異なるため、アレルギーを起こす人と起こさない人がいる。多くの人がアレルギーを起こさないのはTレグのおかげ。

 Tレグは、体内に何らかの物質が入ったとき、それが身体に害があるかを見極める働きをし、キラーT細胞やNK細胞に指令を出し、攻撃を促したり、やめさせたりする。

 Tレグの発達は、細菌・ウイルスにどれだけ深く接するかに関わっている。

 「環境をあまりにキレイにしすぎる、過度に衛生的にするのではなく、適度に最近やウイルスにさらされる。そういうことが免疫のよい刺激になり、Tレグも鍛えられる(坂口教授)。」


posted by ネコ師 at 02:27 | Comment(0) | 役立つ知識(生活編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
▲ このページのTOPに戻る