2017年01月14日

北斎の『神奈川沖浪裏』を動かしてみた! :GIFアニメーション


 葛飾北斎の代表作、『神奈川沖浪裏』。管理人が大好きな一枚です。

 この絵を見ていると動かしてみたくなる。見れば見るほど"動かしたくなる!" 
 北斎の絵は、本当に動き出すのではないかと思えるほど臨場感があります。奥へ奥へと引き込まれていく構図の先にあるのが富士。

 波間に漂う三艘の小舟は、房総・伊豆方面から生魚を一刻も早く江戸に運ぶ押送船(おしおくりふね)。北斎70歳頃の作品です。

 今日は暇だったので、GIFアニメを作ってみました。長年の念願を果たします。

神奈川沖浪裏 Kanagawaoki-Namiura Animated GIF
      Ⓒ なんでも保管庫

 いろいろな部分が複雑に動いていると思います。

 作業を始めて直ぐに後悔。とてもめんどくさい。
 波が4枚、船が3枚、背景1枚の合計8枚の画像をモーフ処理。すべての部品が個別に複雑な動きをしています。思ったようにできなかったけれど、せっかく作ったのでアップします。

 どうやって作ったんだろう? と思われた方もいると思うのですが、説明するのが面倒なので、作成に使ったソフトだけ紹介します。

Namiura-Making.png


 管理人が知る限り、今回のGIFアニメのような動きを作ることができるソフトはこれしかありません。使い勝手がよく、優れたソフトです。使い方を直ぐに忘れてしまうので、定期的に使うようにしています。それが、今日!

 波と船の各部品を透明PNGで出力しています。
 すべての部品が激しく動くので、動きを想定して、画像の切れている部分を描きます。これがとても大事。
 背景は、部品があった部分を取り除いて、何もない状態(プレーン)の背景画像を作成。部品が大きく動くので、この作業を手抜きするとみっともない出来栄えになります。
 なお、フレーム周辺も動くので、フレーム全体を一回り大きく作成。その部分も描きます。最後に完成したGIFアニメをトリミングして元の大きさにします。

GIFアニメモーフのための背景
      部品の動く範囲を考えてプレーンの背景を作ります。

 ここまでの作業で疲れ果ててしまい、モーフ作業がいい加減になってしまった。やはり、これを作るのはとてもめんどくさい。


posted by ネコ師 at 02:55 | Comment(0) | 自作イラスト・GIFアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

葛飾北斎の肖像


 江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎。
 江戸時代の絵師の中でも異彩を放つ存在です。

 下の画像は、北斎が80歳頃に描いたとされる自画像です。背景は川越・喜多院にしました。

Hokusai's-own-portrait.jpg


 そのうち、北斎の謎を追う! という記事を書きたいと思いますが、皆さんと同じ記事を書いてもつまらないので、全く別の切り口から迫りたいと思います。

 北斎について研究している方が本当にたくさんいるので、書くことがない、と思ったのですが、まだまだ分かっていないことも数多くあるようです。

 北斎は88歳まで長生きしました。彼はむちゃくちゃな生活をしていたのになぜ長生きできたのか? 現代人にとってもヒントになりそうな気がします。

 そのヒントとなるのが、貝原益軒により書かれた『養生訓』(1712年)ではないかと管理人は考えています。『養生訓』は北斎が生まれる48年ほど前に書かれた書物ですが、現代まで読み継がれているロングセラーの健康指南書です。素食の北斎が好んで食べた『くわい』についても『養生訓』には書かれています。

 北斎は、1827年(文政10年)、68歳の頃中風を患いますが、自分で治したそうです。でも、どうやって?

 多くの人が50歳を待たずに死んでいった江戸時代後期、通常であれば、北斎は69歳以前に亡くなっていた筈です。すると、『富嶽三十六景(1831)』も世に出ることはなかった。北斎が長生きしたからこそ膨大な数の作品を描くことができました。

 北斎の最大の謎とは、結局、かれがなぜ長生きできたのか、にあるように思えます。そして、ただ長生きしたのではなく、生涯現役の絵師でした。

 今日は"前振り"ということでここまで。


posted by ネコ師 at 14:18 | Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

当サイトのファンなら試してみたいこと


 当サイトをご贔屓頂きありがとうございます。
 当サイトでは、様々なジャンルの記事を書いているのですが、当サイトのファンの方でも知らない記事がたくさんあるのではないかと思います。記事数が多くなったので。

 記事の全リストは、右サイドバーの「サイトマップ」でご覧頂けます。
 しかし、どんな内容かまでは分からない。

 そんな時は、Googleの画像検索を使います。オリジナル画像にこだわっている当サイトの特色でもあります。

 ところで、「なんでも保管庫」とサイト名で検索しても、表示される画像はうちのサイトのものばかりではありません。

 しかし、先日書いた記事「バイきんぐの小峠と小栗上野介がとても似ている!」というキーワードでGoogle画像検索すると、トップページはほとんどうちのサイトでアップしたものが表示されます。サイト名で検索したときとは全く違う画像が表示されます。検索ワードが違うので当たり前ですが。

 こんなのも作ったんだ、と懐かしく思いました。 是非お試しを! こんな記事があったのかと感動するかも・・・、かもかも?

Google-Nandemo-Hokanko-01.png


 こうやって客観的に見ると、当サイトには女性の写真が多いことが分かります。管理人の趣味がバレバレ!


posted by ネコ師 at 01:00 | Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPに戻る