2011年01月08日

シルクロード(第4回):ブハラ(その3)


 シルクロードのオアシスの町"ブハラ"編の最終回です。

 ブハラは小さな町でする。前回ご紹介したのカラーン・ミナールから歩いいくと5分くらいのところに、奇妙な赤っぽい城壁が見えてきます。

 何が奇妙なのかというと、直線と曲線を巧みに組み合わせた、丸みを帯びた城壁であることです。このタイプはここでしか見たことがありません。材質は赤砂岩のように見えます。

 城壁の一部は崩壊しかけていますが、全体としてはよく保存されています。

 この城はアルク城といって歴代ブハラ・ハーンの居城だったものです。アルクとは、歩くこと・・・ではなく、城塞という意味で、アルク城というのは何か変ですが。

 アルク城のあたりが古代ブハラの発祥の地といわれ、最初に城塞が造られたのは2000年も前。その後何度も破壊され、そのたびに造り直され、現在の城は18世紀のものです。シルクロードの要衝の地として、過去にたくさんの血なまぐさい戦いが繰り広げられたのではないかと感じました。

 現在、中は土産物屋と博物館になっています。

 城の正面は広場になっていて、入り口に向かって右側上方に、ブハラ汗の玉座があり、正面のレギスタン広場で公開処刑が行われたといわれています。

 なんとも血なまぐさい城のようです。

 ウズベキスタンでは、「金」が採れます。重要な輸出品になっていますが、ブハラの近郊に金鉱があります。…しゃれです。

 露天掘りの金鉱で、あたりには何もない平坦なところを掘っているようです。外部からは見えないように塀で覆われています。

 現在のブハラ周辺は、アムダリヤ川とシルダリヤ川から取水することでアラル海を消滅させたと名高い旧ソ連時代に建設された用水路の水を使って、一面、綿花畑が広がっています。しかし、これができる以前、この地域は水がなく、作物の育たない不毛の地でした。その中でもブハラは、僅かな水がわき出た、まさに、シルクロードのオアシスだったのです。

 シルクロードが栄えた時代は、今とは全く景観が違っていたと思います。水の存在は大きいです。

 ブハラ全体が当時の面影を留めているように感じますが、実際に当時の面影として残っているのは、このような城塞跡だけかも知れません。

カラーン・モスク
Buxoro ブハラ

アルク城
Buxoro ブハラ アルク城

アルク城
Buxoro ブハラ アルク城

アルク城
Buxoro photo 0068

レギスタン広場からカラーン・ミナールを望む
Buxoro photo 0069



<この記事は本館から移動しました。本館の記事は削除しました>



posted by ネコ師 at 15:21| Comment(0) | 世界遺産 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください