2009年07月18日

Microsoft Office Multi-Language Pack 2007を1言語だけ安く買う方法

Multi Language Pack 2007は、必要な言語だけ購入できます。
 異常に高いフルパックを購入する必要はありません。
 この情報は、故意に隠されています。商法違反の疑いが濃厚です。
 必要な情報を公開せず、その情報へのアクセスができないようにしています。英語版では出てくるのですが、情報を掲示していない日本語版に飛ばされてしまいます。日本の消費者は、1言語だけ販売しているという情報にすら接することができず、使いもしない37言語パックを買わざるを得ないような仕組みになっています。この行為が、法的に妥当なものだとしても、企業倫理上の問題が問われます。この企業戦略は、日本の消費者を完全に馬鹿にしています。

 Multi Language Pack 2007の中から、1言語だけ激安で購入する方法をご紹介します。オークションなどではなく、正規にMicro Soft社からネットで購入する方法です。

 この方法はweb上のどこにも書かれていません。Micro SoftのHPから探すと、英語版で見ても日本語ページに飛ばされ、完全パックのものしか購入できないようになっているようです。

 Office 2007 になってから、Office 2003のProofing toolsが使えなくなりました。

 そこで日本で盛んに販売しているのが、Microsoft Office Multi-Language Pack 2007。ところがこれはバカ高い値段。

 宣伝文句は、「37 種類の異なる言語から任意の言語を選択して、メニューやヘルプなどの全体的な操作性を切り替えることもできれば、スペル チェック、辞書、類義語辞典などの校正ツールだけを使用することもできるという柔軟性を備えています」というもの。

 しかし、こんな商品を必要としている人は限られており、たいていの人は1カ国語だけでよいはず。ところが日本では見つけることができず、26,040円もする高価な買い物をしてしまった人もいるのでは。

 ところが、言語ごとに単品でもMicrosoftで販売しています。1言語30ドル程度です。
知らないと大損します。


 下のサイトから購入できます。

 ところが簡単に売ってくれません。そこで購入の仕方をご紹介します。

 私は、ここでスペイン語版を購入し、順調に動いています。やはり、スペルチェックだけでなく、簡単な文法チェックをしてくれるので助かります。30$の価値はあります。

 特に、名前などに威力を発揮しています。名前は、スペイン語系だけでなく、アラブ系やイタリア系など様々ですが、耳で聞いた名前を適当に打ち込むと候補を出してくれるので助かります。後は、やはりRとLの間違いですね。これを辞書でいちいち確認する手間を考えれば、30ドルは安い買い物でした。スペイン語を正しく学ぶ上でも必需品だと思います。

 このリンクから購入できます。

 上のリンクをクリックすると、下の画面になります。

SpLanguage.jpg



 購入する言語を選び、「BUY NOW」のボタンを押すと、選定した商品の価格欄になります。
 購入数量(Qyt)欄がたまに2とか3とかになっていることがあるので、そのときは1にしてリターンキーを押します。

Microsoft Office Language Pack 2007  Language: Spanish US$.25
Optional: Licence Lock Box: Digital back-up service and licence key US$.4.99

合計 US$.29.99

 金額が合計29.99ドルになっていることを確認して、次へ(continueボタン)へ進みます。
 Windows Live IDでサインインできるようです。私はGmailでサインインしたのですが、どこかに登録画面があります。忘れましたが。

 入力フォームを全て埋めないとエラーになります。郵便番号欄も空欄にするとエラーになります。私のいる国には郵便番号がないので適当に入れておきました。

 忘れていました。下の画面の上部にCOUNTRYの欄があります。日本はありません。個人情報入力の画面で、表示されない国を追加することができますが、その中にも日本はありません。あまり聞いたことのない国ばかり並んでいます。

 どうしたらよいのでしょう?
 これって、日本で買えないように意地悪をしているのでしょうか。ちなみに、私のいる国は、追加ボタンを押すことで表示されました!

SpLanguage2.jpg


本記事との関連記事は、右サイドバーのカテゴリーの語学(スペイン語など)からどうぞ。


【追記します】

 日本で購入する方法としては、いろいろあると思いますが、探してみて下さい。
 探し方だけ書きます。
 「GyaO!」は海外では視聴できません。視聴制限がかけられています。しかし、これをかいがいでみている人はたくさんいます。それなりの努力をして、制限を解除している人たちです。その方法が参考になると思います。
 「GyaO! 海外で視聴する方法」でググれば答えが見つかると思います。
posted by ネコ師 at 08:11 | Comment(7) | 語学(スペイン語など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
昨年夏の記事に対するコメントなので、
いまさらご覧になることがないかもしれませんが、おかげでMulti Language Pack 2007の中からスペイン語のみを購入しインストールできたので、一言お礼をもうしあげたくてコメントします。たまたま現在仕事でホンジュラスに滞在しており、ホテルの住所を使って入手できました。帰国したらあの高いフルセットを買うべきかと悩んでいたので、本当に助かりました。ありがとうございました。
Posted by Woob at 2010年02月22日 16:34
お役に立てて良かったです。
日本で買えないような仕組みには、ちょっと疑問を感じています。このような商売の仕方は法律違反じゃないかと思うのですが。
Posted by ネコ師 at 2010年02月25日 00:20
ちょうどMulti Language Pack 2007を購入するところでした。日本からは一言語のみは買えないようですので、これから住むドイツで、ドイツ語のみを購入したいと思います。情報をありがとうございました!
Posted by せいたん at 2010年08月08日 22:53
>せいたん さんへ
 コメントありがとうございました。わずかなお金をケチってずっと不便な思いをするよりも、1言語だけ購入すれば快適にOfficeを操作できます。WordだけでなくOfficeのソフト全てに使えるのがうれしいです。
 やはり日本では購入できないですか。実際の所日本で購入する方法もあるのではないかと思います。
Posted by ネコ師 at 2010年08月21日 23:20
ドイツに来て、ようやくMulti Language Pack 2007を購入することができました。CD-ROMが届くのかと思っていましたが、ネットでDownroadすれば、すぐに使うことができました。Wordの「スペルチェックと文章校正」をクリックすると、間違った箇所や疑問の箇所に、赤や緑のアンダーラインが引かれるようになりました。もし、ほかにも機能があるのであれば、教えてください。本当にありがとうございました。
Posted by せいたん at 2010年12月20日 18:37
>せいたんさんへ
 コメントありがとうございます。無事購入できて何よりです。
 私はスペルチェックにしか使っていないので、よく分かりませんが、こちらの人は、右クリックメニューの中の同類語を頻繁に使っています。ネイティブの人でもどの単語を使うか個人差があって、各人がその単語にこだわりをこっている所が面白いです。



Posted by ネコ師 at 2010年12月27日 12:48
ありがとうございます。早速同類語検索をしてみました。便利ですね!ドイツ人は、同じ言葉を繰り返し使うことを嫌いますので、とても助かります。
Posted by せいたん at 2010年12月27日 16:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る