2009年07月25日

EXCELのファイルサイズを小さくする

 EXCELで会計システムを作ったのですが、あまりに複雑になりすぎて、サイズが5MBを超えてしまいました。Vlookupやら配列やらいろいろ使っています。
 容量が大きいだけならまだしも、動きが遅くなってしまい、とても使えません。

 そこで、サイズを小さくすることにしました。
 方法は2つ。ちなみに、図や写真は貼り付けていません。シート数は22です。

【方法1】
 日頃使う入力シートと四半期にしか使わない決算報告を別ブックに分離。これで、操作性は著しく改善されました。両方のファイルを開くと自動でリンクが更新されます。

【方法2】
 使用しているEXCELのバージョンは2007ですが、ブックは、他の人が使うことを考えて、2003で保存していました。
 分割していない元のブックを2007で保存すると、あら不思議、5.3MBが1.3MBに縮小しました。これには少し驚きました。

 でも、操作性は依然として改善されないので、結局【方法1】を採用することにしました。

 容量が増えた理由は、リンクの多さです。特定の条件のデータを順次取り出すために、列全てを指定しているところがたくさんあります。これが最大の原因のようです。

 また、入力できる件数を2,000件としています。これも容量が増える原因となっています。ネットでいろいろ対策を探したのですが、私の場合は、結局、上に書いた方法で解決しました。

追記:
画像を貼り付けているため、EXCELファイルのサイズが大きくなってしまう方は、2009年10月12日の記事をご覧ください。画像サイズと画像ファイルサイズを小さくする方法を説明しています。


posted by ネコ師 at 10:51 | Comment(0) | 役立つ知識(EXCEL、WORD、PowerPoint) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る