2009年09月23日

Office 2007で作成されたファイルをOffice 2003で開く方法

 Windows Vistaを使いはじめてからOfficeは2007です。Wordの場合、docx、Excelの場合xlsxという拡張子が付き、Office 2003ではこのファイルを開くことができません。

 通常は、Office 2007側でファイルを保存する時、2003形式で保存を選択すれば2003でも読み込むことができますが、この場合、2007で新たに追加された効果が無効になります。よく使う機能としては、表の中央揃えの機能ですが、2003形式で保存するとこの効果は失われます。そこで最近は、2007形式で保存する機会が増えたのですが、困るのは、Office 2003が入っている別のパソコンにデータを移して使う場合です。今回、パソコンのトラブルのため、別のパソコンにデータを移したのですが、そのパソコンは2003が入っているため、2007形式は読めません。

 先日、メールでdocx形式のファイルを送ったら、開けないのでdoc形式で再送して欲しいという返事がありました。

 Office 2007形式のファイルをOffice 2003で読み込むソフトをMicro soft社が配布しています。まあ、当然のサービスでしょう。

 ちなみに、Office 2007形式で保存するとファイルサイズがかなり小さくなります。知っておくと便利です。特に、Excelのファイルサイズがどんどん大きくなって困る場合に有効です。

下のリンクからダウンロードできます。
Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック

このサイトから「FileFormatConverters.exe」というファイルをダウンロードして、インストールします。
posted by ネコ師 at 10:23 | Comment(0) | 役立つ知識(ソフトウェア編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る