2009年10月13日

「星月夜」、チャルメラのCMにもなりました

 永井龍雲の「星月夜」。1978年の曲です。明星チャルメラのCMにも使われました。ネットで調べたら作詞・作曲が永井龍雲となっています。村下孝蔵の作曲かと思っていました。

 この時代の歌詞は、今聴くと無理があります。シソの葉は風でにおうのでしょうか。聞いたことがありません。もっと香りの強いオレガノは全くにおいません。流れ星は、一瞬で"落ちます"。心象描写の方法が時代を感じさせます。
 
 決して批判している分けではありません。この曲は、私の好きなチャルメラ・ラーメンのイメージと重なり、大好きな曲です。永井龍雲のアルバムの中でも一番好きな曲です。

 ところで、チャルメラ・ラーメンは、・・いつもおいしいです。
 最近、いろんなラーメンが販売されていて、チャルメラを置いていないスーパーもあります。でも、チャルメラの味は忘れられないので、見つけると思わず買ってしまう。

 私は、歌詞はあまり聴かず、曲の旋律を楽しむ方ですが、たぶん、この曲に歌詞が音韻の面でもマッチしているのだと思います。歌詞に違和感を感じないのはそのせいだと思います。作詞・作曲を同じ人がやっているから、このように歌詞運びと違和感のないきれいな曲ができるのだと思います。

【追記】
 久しぶりにこの曲を聴いて、新鮮な想いだったのですが、色々思い起こせば、このレコードを買ったのを思い出しました。学生時代で、大昔のことなのですっかり忘れていました。
 スクレに赴任するとき、日本から持ってきたラーメンは、チャルメラ、チャルメラ味噌味、チャルメラ海苔です(笑)。これが皆同じ値段なのが解せない。チャルメラを食べるたびに、この曲を思い出します。
 
posted by ネコ師 at 13:01| Comment(4) | お気に入り音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1987年でなく1978年だと思います。
Posted by at 2009年12月19日 16:50
ご指摘の通りです(汗)
コメントを表示するのを忘れていました(汗)。
Posted by ネコ師 at 2009年12月20日 05:09
理屈っぽい内容ですね
歌詞なんて理屈こねてたら書けないのでは?
演歌なんてそんなんばかりですよね?
有名な演歌の作詞家さんにも同じこと言えます?
Posted by みゆ~ at 2014年01月23日 03:01
>みゆ~さんへ
 辛辣なコメントありがとうございます。理屈っぽいと感じられたようなので反省しています。
 当時はこのような歌詞が受けていた時代だったという気がします。何年経っても名曲だと思います。
 
Posted by ネコ師 at 2014年04月04日 02:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください