2009年12月19日

無線LANが時々つながらない 解決策 2

 長期滞在のホテルで無線LANが時々つながらなくなる。原因を探ったら、いろいろ分かってきた。また、xpは接続できるのにVistaだけLAN無線に接続できないといった問題の解決方法も分かった。

前回の記事は、ここを参照。

前回の記事へのリンク


 接続できないのには、様々なパターンがある。このようなパターンがあることを理解せず、闇雲にあちこちいじっても無駄ということが分かり、時間の節約になった。PC付属の『ネットワーク診断』は何の役にも立たない。一度も役に立ったことがない!

【解決策1】

@ ホテルのルーターにはつながっており、電波状態も良好。でもつながらない場合

webconect1.gif

 プロバイダーが原因らしい。このようなことがよくある。そもそもプロバイダーから電波が出ていないので、つながるはずがない。この場合は、『回復するまで待つ』。



A ホテルのルーターを認識していない
 
webconect5.jpg

 これではつながらないのが当たり前。
 原因は、ルーター側か、または、PC側のLANモデムがOFFになっている。再起動してみる。それでもだめなら、『待つ』しかない。これもよく起きる。



B 識別されていないネットワーク
 この状態もよく起こる。この場合は、ルーターからの電波を受信して、電波の状況が良くてもネットにつながらない。対応策としては、ルーターをリセットすれば回復する場合が多いようだ。リセットは、ルーターの電源を抜いて、"しばらくしてから"、電源を入れる。

webconexto2.gif




C つながっている時の表示

Webconect4.gif

 正常につながっているときはこんな感じ。

【追記です 2010/10/15】


 上のような接続表示が出てもつながらない事態が発生。
 こんな時は、直接、IPアドレスを入力します。

 
**** **** **** ****


 ところで、今度は職場で、VISTAを使っているパソコンだけLAN無線につながらないという状況に陥った。LAN無線のセキュリティをかけるとVISTAを使っているPCだけつながらないという現象。セキュリティを解除するとつながるが、そのような状態で長期間LAN無線を使うわけには行かない。この原因はVISTAのセキュリティ関係にあるのかもしれないが、よく分からない。だが、解決策が見つかった。

【解決策2】

1.ディバイス・マネージャーから、下の画像で示すような使っているWireless LAN を削除(下の画像の位置で右クリック>削除)。

2.下の画面に示すツールバーの右から3番目『ドライバソフトウェアの更新』アイコン(マウスオーバーでそのように表示される)をクリックし、ドライバを更新

webconec6.jpg

 作業は以上。この操作で、私の場合には、LAN無線を認識するようになった。
 
 (操作は、自己責任でお願いします)

この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る