2010年02月13日

画面キャプチャと動画キャプチャ:フリーソフト

 フラッシュやGIFアニメを作るとき、見ている画面をコピーできると何かと便利なことが多いです。画面キャプチャには、静止画をキャプチャするものと、動画としてキャプチャするものがあります。どちらもフリーソフトでできます。

【画面キャプチャ】


 静止画面のコピーは、キーボードの右上にある「PRTSC」を押し、Windows付属の「ペイント」やIrfanViewなど画像処理ソフトで「貼り付け」る方法が最も簡単な方法です。余分な部分はカットします。
通常は、この方法で問題ないのですが、GIFアニメを作るときには、位置あわせが重要となるため、この方法では、後で苦労することになります。また、大量に作る場合とか、一つの画像をパーツに分けて画像にしたいときはとても不便です。

 静止画面をキャプチャするフリーソフトはたくさんあります。私が使っているのは、「SETUNA2」というフリーソフトです。下のリンクからダウンロードできます。
  http://www.clearunit.com/clearup/setuna2/

 下の画像は、以前アップした「AlizeeのGIFアニメ」を再生しているとき、一部分をキャプチャしていき、貼り付けたものです。画像処理ソフトでこれを作ろうとすると気が遠くなりますが、「SETUNA2」を使えば1分でできます。
Sample_Aliz.jpg


【動画キャプチャ】


 動画キャプチャは、PCの画面上の動きをキャプチャするものです。画面に再生されているあらゆる種類のファイル形式の動画をキャプチャできるので、いろいろ使い道があります。

 動画キャプチャのフリーソフトもたくさんあります。私が使っているのは、「窓録 ~DesktopCam~」というソフトです。再生した動画のキャプチャだけでなく、使い方の説明などでカーソルの動きで説明する動画を作るのにも役立ちます。

 フリーソフト「窓録 ~DesktopCam~」は下のリンクからダウンロードできます。
  http://soft.noniwa.net/

 このソフトは、キャプチャする部分を簡単に設定できるので、部分的なキャプチャをする場合にとても便利です。余分な部分までキャプチャしてしまうと後の処理が大変ですが、このソフトでは、まさに録画する窓をカーソル操作だけで設定できるので使い勝手がよいです。

 キャプチャされた動画は、avi形式で保存されます。動画ファイルは、どうしてもサイズが大きくなりますが、キャプチャの段階で、小さな範囲だけキャプチャするとかなり小さな動画を作ることができます。

 以前アップしたEXCEL画面の操作の説明をGIFアニメで作るには、このソフトを使って作っています。

 aviファイルをGIFアニメに変換する方法については過去記事をご覧ください。

 下の画像は、先ほどのGIFアニメのサイズに「窓録」のフレームを合わせたところです。完全に合わせるとよく分からない画像になってしまうので、わざと縁の部分をあけていますが、実際に録画するときはきちんと合わせます。

Sample_Aliz2.jpg


 どちらのソフトも使い方はすごく簡単なので、説明はしません。

 ここは、「なんでも保管庫」なので、疑問点はこのブログの過去記事を見れば解決できると思います。


posted by ネコ師 at 03:02| Comment(0) | 便利なフリーソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください