2010年06月17日

土壁アドベ(Adobe)の作り方

 ボリビアなどで一般に見られる土壁をアドベ(スペイン語:Adobe)と言います。PhotoshopのAdobe(アドビ)とは違います(笑)。日干しレンガによく似ていますが、サイズが大きいです。

 その作り方を写真を使ってご紹介します。

【作り方】

 まず、粘土に水を加え、ワラを混ぜます。
 所によっては、ここで豚の糞を混ぜることもあるようですが、今回は、シンプルな作り方です。これを良くこねます。

adobe1.jpg

 
 木製型枠をセットします。その中をぬらした布で拭きます。

adobe2.jpg


 十分にこねた粘土を型枠の中に入れます。

adobe3.jpg


 型枠の隅まで粘土が行き渡るように、手で押し込みます。

adobe4.jpg


 粘土を徐々に加えながら、足で突き固めます。

adobe5.jpg


 型枠の上まで粘土が充填されたなら、専用の板をぬらし、表面を平らにします。

adobe6.jpg


adobe7.jpg


 型枠をゆっくり外します。 

adobe8.jpg


 これで完成です。作業時間は2、3分です。この後、天日で2日間乾燥させてできあがり。実際には、2週間、良く乾燥させてから使うそうです。

adobe9.jpg


 こうして作ったアドベは、建物の壁材として利用されます。

屋根材も同様な方法で作ります。この作り方は以前アップしていますので、下のリンクをご覧ください。

 日干しレンガの瓦屋根の作り方


posted by ネコ師 at 07:38 | Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る