2010年09月16日

AVI、MOV形式からSWF形式に変換する方法

 SWF形式に変換するコンバータは意外に少ない。逆のコンバータはたくさんあるのに不思議。
 ネットで探してもほとんどヒットしない。ニーズが少ないということでしょうか?

 今回、2つのソフトを使って変換してみました。

 カメラで撮影したビデオ(音声付き)はMOV形式で保存されていました。これをフラッシュ(swf)に変換してブログにアップしたい。画像の縦横のサイズを小さくし、ファイルサイズも最大で8MB程度にしたい。という要望を満足ことするフリーソフトとして、以下の2つをご紹介します。AVIでも同じくできます。


1.『BatchDOO!』
 フリーソフトの「BatchDOO!」を使ってMOVをSWFに変換してみる。

 このソフトは優れものだが、swfに変換するには設定をしなければならない。といっても簡単な設定ですが。これができずに戸惑っている人、飽きらめてしまう人も多いのでは。ネットでさんざん探しましたがどこにも書かれていないので、ご紹介します。

@ 変換元のファイルを@の窓にドロップする。例では「MOV」ファイルを「SWF」に変換。
A 変換したswfファイルを保存する場所を指定する。例ではデスクトップに保存。
B ファイル形式を「SWF」にする。
C フレームのサイズを設定。大きなサイズにするとファイルサイズが巨大なものになります。ここでは「320 x 240」に設定。
D コーデックを「FLV」にする。
E フレームレートを最大の「60fps」にする。
F ビットレートを適当に選ぶ。例では「256kbps」
G 「GO!」ボタンをクリック。
H 変換進行状況画面が表示される。私のPCでは「0%」の表示のままですが、変換は進行しています。

Cの「サイズ」およびDとEの値の設定の仕方で、変換後のファイルのサイズと画質が極端に異なります。
なお、Aの設定後、「おまかせ」の欄は「YouTubeアップロード向け」を選んでいます。

swf変換BatchDoo!設定画面


2.『DVDVideoSoft Free Studio』

1)ソフトを起動すると「Free Studio Manager」が開くので、「DVD&ビデオ」をクリック。
Free_Studio1.jpg


2)「Free Video to Flash Converter」をクリック。
Free_Studio2.jpg


3)設定画面が開きます。
@ 変換元ファイルを読み込みます。
A 変換したファイルの保存場所を指定します。
B 変換の詳細設定をします。
Free_Studio3.jpg


4)詳細設定
あとは「BatchDoo!」と同じなので、画像だけアップします。
Free_Studio4.jpg



 ついでにもう一つのソフトをご紹介します。『Xilisoft 究極動画変換 6』という有料ソフトですが、試用版は3分まで変換可能です。ブログにアップするのであれば、3分あれば十分です。製品版だけあって使いやすく、高性能です。実は、このソフトが一押しです(笑)。

 使い方は、基本的には上でご紹介したソフトと同じなので省略します。

posted by ネコ師 at 00:22 | Comment(1) | 便利なフリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
非常に参考になりました
Posted by seigo at 2011年11月08日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る