2010年09月27日

最新データ・ファイル構成と完全に一致させるバックアップ方法

 PCのバックアップは重要で、複数の外付けハードディスク(HDD)にバックアップしておくと安心です。私は4つのHDDにバックアップしています。

 しかし、ここで困るのが元データのフォルダ構成や名前を変えたりした場合。

 通常のバックアップですと変更されたフォルダは新しいフォルダと認識されるので、たとえ中身が同じものでも前の名前のフォルダはそのまま残り、重複してコピーしてしまいます。

 写真が大量に入っているフォルダを移動したり、名前の変更をしたりすると、バックアップに同じ内容のファイルが大量に作成されてしまいます。このような場合、HDDの容量が小さいとバックアップできなくなります。重複しているファイルを探すソフトもありますが、大量の重複がある場合にはとても使えません。

 そこで、『現在使っているPCのデータが最新であり、バックアップの方だけに保存したデータはない』場合、現在使っているパソコンのフォルダ構成、データをそのままバックし、バックアップにあった古いデータは削除してしまうバックアップの方法をご紹介します。

 この機能は、通常のバックアップソフトには付いていると思うのですが、バックアップソフトにはたくさんの機能があるので、その使い方に精通している人は少ないのではないかと思います。操作を間違えると、バックアップの古いフォルダやファイルをPCにコピーしてしまい、消すのに苦労します。だから、不便と感じながらも通常のバックアップをとっているのではないでしょうか。

【外付けHDDにあるバックアップのうち、古いファイルやフォルダを消し、現在使っているPCのデータだけをバックアップする方法】

注:『外付けHDDだけに保存してあるデータ』は削除されるので、気をつけて下さい。そのようなデータがある場合には、外付けHDDに新たにフォルダを作り、その中に入れておくと安全です。

1.バックアップ用フリーソフト
 バックアップ用ソフトはたくさんありますが、今回は、以下のフリーソフトを使います。中国の会社のソフトのようです。

「FileGee個人ファイル同期・バックアップシステム」 をダウンロードします。
 
2.バックアップの設定

 使い方は簡単なので、説明も画像だけで簡略します。

FileGee1.jpg



FileGee2.jpg



FileGee3.jpg


posted by ネコ師 at 16:03 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る