2010年10月16日

IrfanViewで強制終了の不具合発生

 最近、『IrfanView』の調子が悪い。この前まで正常に動いていたのに!

 まず、「ペイントダイアログを表示」にすると、下の画像のような警告画面が出る。

The language file found is not for this IrfanPoint version


 さらに、ペイントダイアログの「Text Tool」を選択すると、下のようなエラー画面が出て、強制終了する。

error_mensaje02.jpg


 この原因は不明。再度ソフトをダウンロードし、再インストールしても同じ状況。
 さらに、パソコンの中のIrfanView関連フォルダ・ファイルを全て削除してから再インストールしても変化なし。

 IrfanViewフォルダの「i_view32.ini」を削除したら、「Text Tool」のエラーは出なくなった。しかし、最初の警告表示が出るのは同じ。

 この警告表示は、言語ファイルがIrfan paint version用ではないという警告だが、別のパソコンでは問題ないので、この警告内容は無視する。

 しかし、この警告がいちいち表示されるのは不快なので、何とかすることにした。

 いろいろ試してもだめなので、結局、別のパソコン(OS:Windows 7)から、IrfanViewのフォルダごとコピーして、使っているパソコン(OS:Windows VISTA)に上書きコピー。これで正常になった。

 ソフトの問題ではなく、パソコンの問題のようだが、原因は結局よく分からない。先日まで普通に使えていたので。これも Windows VISTAのせいか?

【追記】2012.5.13

再び、ペイント・ツールで、文字入力しようとするとIrfanViewが強制終了するようになった。
 この解決方法は以下の通り。

 C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\IrfanView

 このフォルダの中の「i_view32.ini」を削除する。
 原因として考えられるのは、Photoshopの「Adobe 8BF」フィルタを登録した場合の不具合かも。

【ペイントツールの文字入力で、やり直し(UnDo)する方法】

 ペイントツールで、やり直しは1回までならできる。[Ctrl]+[Z]

ただし、文字入れではこの方法ではやり直しができない。
 やり直すには、一度右クリックし、その後で、[Ctrl]+[Z]
 
posted by ネコ師 at 08:49| Comment(0) | PC不具合対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください