2010年11月05日

「秀丸ファイラClassic」を導入

 ファイラは「SeeZ」を使っているのですが、デスクトップにあるフォルダを開くと、エクスプローラで開かれてしまいます。

 SeeZを既定のファイラに設定したいのですが、Vistaではどうやったらよいか分からないので、あきらめることに。

 その代わり『秀丸ファイラClassic』をインストールし、これを既定のファイラにしました。このソフトのデザインや機能は、昔の(使いやすかった頃の)エクスプローラとほとんど同じです。

 これで、あの使いにくい「改悪エクスプローラ」ともおさらばです。エクスプローラは、いろいろな場面で立ち上がり、使うたびに不愉快に感じていたので、ほっとしています。

 「秀丸ファイラClassic」は、現在、ベータ版なのでフリーで使えますが、そのうちシェアウエアになる予定だそうです。でも、問題発見! 追記をご覧下さい。

 以前のエクスプローラに戻ったような感じで、とても使いやすいです。

 既定のファイラの設定は、「秀丸ファイラClassic」を起動し、以下の手順で設定します。


メニューバーの[ツール]⇒[オプション]⇒[プログラム]タブ⇒[既定のファイラーにする]⇒[OK]

hide01.jpg


 このような不便を感じているのは私だけなのでしょうか。

 愛用している「SeeZ」はレジストリを使っていないので、既定のファイラにするにはテクニックが必要みたいです。VISTAでは。いちおう、レジストリの追加もしてみたのですが、・・、今回はあきらめました。さしあたっての問題は解決したので。「改悪エクスプローラ」が起動しないだけで大満足です。

【追記】

 このソフトを既定のファイラーにするとネット接続で問題が発生することを確認しました。詳しくはこちらに書きましたのでご覧下さい。
 
posted by ネコ師 at 10:48| Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください