2010年12月01日

パソコンの画面が固まってしまう不具合発生

 3日前の日曜日の夜、コピーした文字列を貼り付けようとしたら、「貼り付け」がアクティブにならない。こんなことは初めて。その晩はそのままパソコンをシャットダウン。

 翌日、パソコンを起動して、しばらく使っていると画面が固まってしまう現象が発生。全てのキー操作を受け付けない。[CTRL]+[ALT]+[DEL]もだめ。このため、電源スイッチを長押しし、一旦電源を落とし、再度起動。

 しかし、状況は変わらず。この状態を3回繰り返しても変化なし。

 どのソフトが原因か調べるためにタスクマネージャを起動した状態で操作してみても、原因が分からずフリーズしてしまう。フリーズするまでの時間は1分から20分とバラバラ。

 これは本格的に対処しないとヤバそうだと思い、まず、データをハードディスクにコピーすることに。ところが、コピー途中で再びフリーズしてしまい、強制終了する羽目に。これは冷や汗もの。

 こんなに強制終了を繰り返していてはハードディスクがおかしくなるので、本格的に対処方法を考えることにしました。データの救出はとりあえず後ですることにしました。WINDOWSは一応正常に起動するので。いざとなればパソコンからハードディスクを取りだしてデータをコピーすることにしました。

 以前、デスクトップで右クリックするとフリーズしてしまうことがありましたが、その原因は右クリックメニューにVista不対応のソフトが登録されたために起こった不具合でした(この解決方法は過去記事参照)。今回は右クリックメニューに新しい登録は見あたりません。

 システムの復元をしようとしたら、復元ポイントがない! このシステムの復元はいつもこんな感じ。必要な時に機能しない。

【OS】

 WINDOWS VISTA (不具合の大王様です)

【解決策】
 
1.最近インストールしたプログラムの削除。結構遡って削除。
2.スクリーンセーバーを停止。
3.デスクトップ上のたくさんのファイルをすっきり整理
4.ごみ箱を空にする。
5.FirefoxとInternet Exploreから、一時ファイル、履歴、Cockieを削除

 恐る恐る起動してみたら、今度はフリーズすることなく正常に作動するようになりました。さっそくバックアップを取りました。

 どうも5.の操作が効いたようです。これらのブラウザを起動していない状態でもフリーズしていたので、まさかとは思ったのですが、今回は5.が鍵のようです。

 なお、1.~4.の操作は、闇雲にやっているのではなく、一応根拠はあります。

 今回の不具合の原因は、いつものように不明です。エラーログを見ると、まだどこかおかしいようですが、さしあたり不便はないので、今回の不具合対応はここまでとしました。一時はクリーンインストールが頭をよぎりましたが、無事解決でしてほっとしました。


posted by ネコ師 at 11:23| Comment(0) | PC不具合対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください