2010年12月19日

ロックされたフォルダを開いたり削除する方法


 エクスプローラで開けないフォルダや削除できないファイルが時々あります。もちろんリネイムも移動もできない。

 この時のエラーメッセージは、「アクセス権限がない」とか、「他のプロセスで使用中」とか、様々ですが、何らかのロックがかかっていて、アクセスや削除ができないようです。

 こんな時は、「Unlocker」というフリーソフトで、ロックを解除すると開いたり、削除したりできます。このソフトは日本語にも対応しています。

【追記】
 このソフトをダウンロードしようとすると、「ダウンロード」というアイコンがたくさんあり、広告を踏んでしまったり、広告付きのダウンロードサイトに回されたりするので、少し詳しく書き加えます。

 上のリンクをクリックすると下の画面が開くので、赤枠の所をクリックしてダウンロードします。

unlock02.gif


 インストールの時は、途中で出てくる「Babylon」のツールバーをインストールしないように、チェックを必ず外します。「Babylon」はウイルスのようにしつこく、うっかりインストールするとひどい目に遭います。

unlock01.gif


【Unlockerのウイルス問題について】

 この「Unlocker」のインストールファイルにある「eBay 」というツールバーインストールファイル(要は広告ソフト)に対して一部のウイルス対策ソフトが反応するようです。ユーザーに知らせずにネットにアクセスするのでTrojanとして認識されているようですが、これがTrajanなら、googleもadobeのソフトも皆、Trojanです。

「Unlocker」のウイルスがご心配の方は、こちらのサイトをご覧になれば、その不安は解消すると思います。「Unlocker」は、私にとってはとても使いやすく便利なソフトです。


「Unlocker」をインストールする時、「eBay 」をインストールしないようにチェックを外せば問題ありません。「eBay 」は他のソフトでもたまに見かけます。まあ、フリーソフトなので、このくらいは仕方のないことでしょう。インストールの時に、余計なものをインストールしないように注意すれば良いだけなので。

【Unlockerの使い方】

 「Unlocker」の使い方は簡単。対象フォルダあるいはファイルの上で右クリックし、右クリックメニューにある「Unlocker」をクリック。

unlocker2.gif


 後は、「全ロック解除」をクリックするだけ。写真のように、SeeZがロックしている時が時々あります。

unlocker1.gif



 このソフトと同じ機能を持つ他のソフトとして、『LockHunter』があります。

 どちらか一つ、インストールしておくと便利です。

 特に、パソコンがトラブった時、ロックのかかった様々なフォルダを開く必要がありますが、このソフトがあれば何かと役に立ちます。開けないフォルダもありますが。

 また、SeeZやIrfanViewなどで、プログラムを終了しても、たまにプロセスが起動している場合があり、このため、USBスティックメモリーを取り外せない、ということもしばしば起きます。こんな時にもこのソフトは役に立ちます。




posted by ネコ師 at 09:47| Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください