2010年12月28日

白地図・カラー地図をWORDで(第2回)


 前回、第1回目として、Wordを使った白地図づくりまでをご紹介しましたが、今回、その地図に文字を入れたり、色を入れたりして装飾する方法をご紹介したいと思います。

 この文字を入れる作業は、地図づくりだけでなく、Wordで作った文字の画像変換などいろいろな場面で活用できるのではないかと思います。

 地名や通りの名前などのテキストは、テキストボックスで書いていきます。

【第1回はこちらから】

 ところで、テキストボックスは任意の角度に回転できません。このため、テキストボックスを図に変換してから貼り付ける作業が必要になります。

【テキストボックスのひな形を作成】

 地図に文字を入力するため、テキストボックスのひな形を作ります。ひな形は、テキストボックスの背景を透明にし、枠線を消したものです。これをコピーして文字を入れていきます。

① テキストボックを開く。
  クリック&ドラッグして、文字を入力する範囲をつくる。
② ボックスのライン上で[右クリック]し、[テキストボックスの書式設定]をクリック。
③ まず、[色と線]タブで、[塗りつぶし]の色を「色なし」、[線]の色も「なし」に設定。 次に、[テキスト ボックス]タブで、「テキストボックスと文字列の間隔」を全て「0」にし、「垂直方向の配置」を「中央揃え」を選択して[OK]。

 できあがったこのテキストボックスをひな形とし、コピーして使います。

【テキストボックスに文字を入力】

 ひな形として作成したテキストボックスに文字を入力します。後で、テキストボックスを図に変換するので、文字のフォントの設定に注意します。図に変換後はフォントの変更はできません。文字サイズは適当な大きさでかまいません。図にした状態で拡大縮小できます。以下で説明する貼り付け方法を採れば画質の劣化もありません。
 
【テキストボックスを図に変換】

 地図に文字を入れていくためには、文字を任意の角度に回転させる必要があります。テキストボックスは任意の角度に回転できないため、文字を回転させるにはテキストボックスを図に変換します。

 ① 文字を記入したテキストボックスをクリック。その状態で右クリックし、[切り取り]を選択。
 ② [ホーム]タブの[貼り付け]⇒[形式を選択して貼り付け]⇒[図(Windowsメタファイル)]を選択し、[OK]。
 ③ 貼り付けられたものは、もはや「テキストボックス」ではなく「図」なので、文字の編集はできません。この図をクリックすると画面最上部に[図ツール]の表示とともに[書式]タブが追加されるので、これを開き、[配置]ボックの中の[回転]⇒[その他の回転オプション]をクリック。
   [サイズ]のダイアログが開くので、回転のボックスに任意の角度を入力し、[閉じる]をクリック。これで、任意の角度で回転させることができます。もちろん、図をクリックした時に表示される図中央外側にある緑色のハンドルで回転させることもできます。


 貼り付け方法として、上の説明では、[図(Windowsメタファイル)]を選びました。
 テキストボックスを[切り取り] した状態で、[ホームタブ]⇒[貼り付け]⇒[形式を選択して貼り付け]と進むと、以下のようなダイアログが表示され、7つの貼り付け方法を選択できます。

FIGROUT4.png


 この7つの貼り付け方法でそれぞれ貼り付けたのが下の画像です。45度傾けています。傾いていないのは、傾けることができないからです。
画像形式別回転サンプル


 [MS Office描画オブジェクト]と[HTML形式]による貼り付けでは、任意の角度に傾けることができません。

 [図(拡張メタファイル)]で貼り付けて傾けると、文字が消えてしまいました(上の画像では表示されていますが、Word上では表示されません)。


 今度は、貼り付けたものを拡大し、画質を確認してみましょう。

画質の確認


 [図(Windowsメタファイル)]は、貼り付けた図を傾け、それを拡大しても文字はきれいなままです(上の画像)。

 ところが、GIF、PNG、JPEGで貼り付けたものは、ギザギザやぼけた感じになってしまいます(下の画像)。

画像形式別表示サンプル


 これが貼り付け方法として[図(Windowsメタファイル)]を選んだ理由です。白地図づくりで文字を書き込む時の重要なポイントです。

【地図の色づけ】

 文字入れしたら白地図としては完成です。後は、方位磁石や縮尺を貼り付けたり、色づけしたりします。

 地図のベースの色は、[ページレイアウト]タブの[ページの色]で設定します。

 建物は図形で描画していますので、これも一括して色の変更ができます。
 まず、[CTRL]を押した状態で、色を変更したい図形をクリックしていきます。

 この状態で、[書式]タブの中の色の変更や図形の効果を設定したり変更したりできます。

 方位磁石を作るのは結構大変なので、今回つくったものをアップしておきます。透明処理しています。

地図用方位磁石


 以上です。


   
posted by ネコ師 at 01:00| Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください