2011年04月10日

Vistaで起動できないプログラムを起動する方法


 ネットからダウンロードしたプログラムを起動しようとすると、エラーが出て起動できないことがあります。何度やってもだめ。OSはVISTAです。

 これは、データ実行防止(DEP)機能によるもののようです。

 せっかくインストールしたのに起動できない、ということがたびたびありました。ソフトが古いためにVISTAでは起動できないのかなぁ、と思っていたのですが、違いました。VISTAのお節介機能が邪魔していたようです。特定のプログラムを登録してこの機能を無効にすれば、プログラムを起動できるようになります。

【個々のプログラムでDEPを無効にする方法】

OS:Windows VISTA

1.[スタート]⇒[コントロールパネル]⇒[システム]
  開いた画面左上の[システムの詳細設定]をクリック。

2.[システムのプロパティ]が開くので、[詳細設定]タブの「パフォーマンス」にある[設定]ボタンをクリック。

DEP01.gif


3.「パフォーマンスのオプション」ダイアログが開くので、[データ実行防止]タブをクリック。

4.「追加」ボタンをクリックし、[ファイルを開く]ダイアログで、起動できないプログラムを選択し、[開く]ボタンをクリック。 [パフォーマンス オプション]ダイアログに戻るので、[OK]をクリックして終了。

DEP02.gif


 これでプログラムを起動できるようになります。

 DEPについてもっと知りたい方は、「Windows ヘルプとサポート」で検索窓に「データ実行防止の設定の変更」と入力すると読むことができます。
posted by ネコ師 at 12:29 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る