2011年04月27日

「Exロックフォルダ」をWindows7で使う


 パソコンの中のフォルダをゴミ箱などに偽装して他人に見られないようにするフリーソフト「Exロックフォルダ」はとても便利ですが、Windows 7にインストールしようとしたら「OSのバージョンが対応していません」のような感じのエラーが出てインストールできない。インストールが止まり、先に進めません。

 制作者様のHPで確認しましたが、「Exロックフォルダ Ver1.4.8」が最終バージョンで管理人の持っているものと同じ。

 Vistaでは使えていたので、たぶん使えると思い、以前の記事(「Vistaで起動できないプログラムを起動する方法」)で書いた方法を試してみました。「Exロックフォルダ」の「LockFold.EXE」というインストールプログラムを登録します。

 再度、LockFold.EXEをクリックしてインストールを試みます。
 再びエラーが出ましたが、インストールすることができました。

 Windows 7でも正常に動いています。


posted by ネコ師 at 09:14 | Comment(0) | 役立つ知識(ソフトウェア編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る