2011年05月11日

画像ファイルが開けません(Irfanview):解決策


 購入したデータ画像(JPG)を「IrfanView」でいつものように開こうとしたら下のようなエラーが出ました。

 エラーメッセージは、「ヘッダが読み取れません!  未対応のファイル形式かファイルが見つかりません!」というもの。

No_leer1.gif


 せっかく購入したデータなので、開けないのはとても困ります。

 ところが、このjpgファイルをデスクトップにコピーして開いてみると、無事開けました!

 ということは、フォルダ名がおかしいと言うこと。フォルダごとデスクトップにコピーして、画像ファイルを開こうとしても同じエラーが出ます。

 フォルダ名は変な所がないのに、と思ったら、違いました。拡大したものが下の画像です。

No_leer2.jpg


 フォルダ名(imágenes)にアクセント記号が付いていました。このフォルダ名のアクセント記号は、SeeZでは表示されません。エクスプローラなら表示されます。

 これが原因でした。ファイル名をアクセントの無いものに変更すると、無事開けるようになりました。

 上のようなエラーが出たら、フォルダ名を変えてみるのが良いかと思います。
 これは、jpgファイルだけでなく、gifファイルでも同様のエラーが出ます。

 ファイルの問題ではなく、ファイルの入っているフォルダの名前に問題があるとは、まったく想定外のことでした。ファイルのヘッダを調べようかと思っていたのですが、余計な作業をせずに済みました。

【追記】

 カメラのメモリから消えてしまった画像を回復したり、開けない画像ファイルを開けるようにする方法を別の記事でアップしています。有料ソフトですが、管理人は購入して試してみました。性能には満足しています。

 消えたデジカメの写真や開けない画像を回復する方法
posted by ネコ師 at 01:00 | Comment(0) | 役立つ知識(画像編1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る