2011年05月11日

管理人の独り言


 このブログとしては珍しく、独り言を書きます。読み流して下さい。

 管理人のいるボリビアでは、パソコンのソフトウエアのコピーは当たり前という状態。音楽や映画のCD・DVDのオリジナルを売っている店は見たことがない。

 ソフトのクラックはお手の物。あらゆるソフトをクラックします。そのクラックソフトも販売されています。笑ってしまうのが、このソフトが著作権を主張していること。

 以前は、パラグアイがこの手のアングラソフトで有名でしたが、某OS会社が巨額の損害賠償を請求する行動を起こしたことから、なりを潜めました。パラグアイのアスンシオンでは、オリジナルの音楽CDをちゃんと売っています。

 ソフト会社は、あの手この手でクラックされないようにしていますが、ボリビアの市場を見ると、全て無駄のようです。"あらゆるソフト"が販売されています。あらゆるソフトとは、文字通りです。

 しかし、これは、ボリビアに限ったことではないでしょう。そもそも、ボリビアのクラッカー達は、その方法をネットで探している分けで、結局は、ネット上に方法が公開されているということのようです。

 職場のパソコンがやっとネットに接続できるようになった時、その道のプロがウイルス対策ソフトの更新を行い、ウイルスの駆除をしていました。その間、対策ソフトのアラームは鳴りっぱなし。結局、200以上ものウイルスが検出されました。どうすればそんなにウイルスをもらえるのか不思議なくらいです。ウイルスのコレクションができるのではないかと思いました。

 ある人がクラックしている現場を目撃しましたが、いつもの「KEYなんとか」ではなく、とても複雑なことをしていました。その操作をどうやって覚えたのか聞くと、「ネットにあるよ」とのこと。

 たしかにたくさんあるようですが、ウイルスもついでにもらってしまいます。そのとばっちりを受けているのが管理人かも知れません。USBフラッシュメモリーで仕事のデータのやり取りをする時、ウイルスを全て防ぐことは不可能です。

 このサイトでいろいろなウイルスの駆除方法をご紹介していますが、こんな環境の中で苦労して探した方法です。この駆除に大変な時間を使っています。日本にいたら直ぐにクリーンインストールするような場面でも、周辺ソフトがないので、それもできず、とにかく駆除するしかない! ネットで検索した時、クリーンインストールを勧める書き込みを見るとむかつきます。それができるのなら、とっくにやっているよ!

 昨日も一匹退治しました。自動ダウンロードをさせるタイプのウイルスで、ネット上にない新種のようです。たまにあるウイルスのインストールファイルを自動削除するタイプでした。これはちょっと怖かったので、いつもとは異なり徹底的に駆除しました。

 もうじき帰国しますが、・・・・、これからの記事もお楽しみに!
posted by ネコ師 at 19:14 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る