2011年05月25日

VISTAのロックされたSendToフォルダを開いてみる


 何かと便利な右クリックメニューの「送る」ですが、その中身は「SendTo」というフォルダーにあります。
 ところで、このフォルダは、ディレクトリの[ユーザーの付けた名前]の下にあるのですが、VISTAではロックがかかっていて開くことができません。

 なぜロックがかかっているのか分かりませんが、「ちょっと覗いてみたい」と思うのは管理人だけでしょうか。

 開くことのできる「SendTo」フォルダは、VISTAでは以下の場所にあります。「送る」に登録するには、このフォルダにショートカットをコピーすればOKです。

 C:[Users]⇒[ユーザーの付けた名前]⇒[AppData]⇒[Roaming]⇒[Microsoft]⇒[Windows]⇒[SendTo]

 さて、話は戻りますが、気になるロックされている方の[SendTo]を覗いてみました(笑)。
 結果は、同じ内容でした。これがなぜロックされているのか分かりません。きっと、マイクロソフト社がユーザビリティを十分考慮した末に考えられたことなのでしょう。

 ロックの解除には、「Unlocker」というフリーソフトを使います。

SendTo01.gif


 このソフトは、ロックを解除するソフトなので、ロックをかけることはできません。解除したフォルダを再びロックするには、プロパティから行う必要があります。

 「送る」はとても便利な機能です。いつも使うフォルダのショートカットを登録しておくと、ファイルを簡単にそのフォルダに送り込むことができます。
posted by ネコ師 at 01:00 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る