2012年03月18日

写真に文字をキレイに入れる


 前々から不思議だった文字入れによる画像の荒れ方と文字のクッキリ度を確認します。

 写真に文字入れをすると画質が劣化したり、挿入した文字の縁がギザギザになったりする時があります。

 この原因は色々あると思いますが、今回は、次の二つの点で比較します。画像形式はjpgとします。

 @ 文字入れをするソフトの違い(Irfan ViewとPhotoshopで、その違いを比較します)
 A 文字入れする元画像のサイズの違い(幅570pxと928pxのものとで比較します)


1.Irfan ViewとPhotoShopとの違い

 (1) Irfan Viewによる文字入れ(画像サイズ 570px x 232px)

1_UYUNI42KB.jpg


(2) Photoshopによる文字入れ(画像サイズ 570px x 232px)

2-PHOTO_UYUNI42KB.jpg



2.画像サイズの違い

Irfanviewによる文字入れ(画像サイズ 928px x 377px)

2 UYUNI178KB.jpg


 Photoshopによる文字入れ(画像サイズ 928px x 377px)

2 Photo UYUNI178KB.jpg


なお、ブログの表示は、4つの画像とも同じサイズで表示しています。

 比較の結果では、ブログに表示する分には大きな違いはないようです。
 実際の画質は、大きな画像の方が良く、文字も比較的クッキリしていますが、それほどの違いはないようです。





この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る