2012年04月24日

英語学習教材をつくる方法:Twitterを活用する


 今日は、語学学習のための教材を自作する方法を書きます。

 以前、「外国語学習音声教材を無料で自作する方法」という記事を書きました。具体的な作り方は、この過去記事をご覧下さい。

 前回の記事では、教材の元になる原文をWikiとしました。質の高い例文を入手できるからです。
 今回は、Twitterを使った方法をご紹介します。

 Twitterでは、多くの人が例文を紹介しています。
 英文と和文を紹介しています。

 ところが、これをいくら見ても英語を話せるようにはなりません。今までの勉強方法と同じ、暗記に頼る学習方法です。

 このTwitterのつぶやきをネットで発音させることができれば、学習効果が高まります。
 Twitterでは、実用的な良い例文を提供してくれるので、これをコピーして、Excelに貼り付け、英文の部分だけをコピーして、以前ご紹介した方法で音声化します。20分程度で、オリジナルの語学学習教材ができます。

 この教材のメリットは、Twitterの良いとこ取りができ、質の高い教材が作れること、知っている言い回しは省くことで、学習したいものだけを選ぶことができることです。

 Twitterをコピーして、Excelに貼り付けます。英文と和文は別のセルに分割します。
habla_idioma1.gif


 英文の部分を貼り付ければ、音声教材が作れます。これをキャプチャして、フラッシュにすると、いつでも手軽に効くことができます。その時、Excelはテキストとして使うことができ、とても便利です。

habla_idioma2.gif


 Twitterのサイトとしては、こちらのサイトや、こちらのサイトなど優れたサイトがたくさんありますので、探してみて下さい。

 繰り返しますが、具体的な作り方は過去記事に詳しく書いています。
 語学の学習は、音声が重要です。スピード○○とか、盛んに宣伝していますが、聞き流すだけで話せるようには決してなりません。意味の分からないことは分からないままです。そんなことは当たり前です。知らない単語を百万回聞いても意味は分かりません。

 語学をマスターするコツは、短いフレーズを着実に自分のものにしていくことです。この積み重ねで、聞けるようにも、話せるようにもなります。それ以外の方法はありません。

 語学の学習者にとって困るのが、音声教材の不足。市販の教材は、自分のレベルに合わなかったり、知っているフレーズを削除できません。これは、時間の無駄です。

 聞いているだけでは、決して話せるようにはなりません。「スピード○○」は、この意味で嘘を言っています。話せるようになった人は、話すためのトレーニングをしています。ただ、聞いているだけではありません。これも、冷静に考えれば分かることです。有名人の講演記録を100回聞いても、同じようには話せません。話すためには、「話すための訓練」が必要です。

 今回、ご紹介した教材作成方法は、わずかな時間で、自分のレベルに合った教材を簡単に作成できます。
 たかが外国語を覚えるのに身構える必要も、高い教材を買う必要もありません。日本人の外国語学習に欠落している「話すための訓練」をすれば、自然に覚えます。それは、「フレーズ」の蓄積です。それ故、有用なフレーズがどこにあるかが重要になります。今回、それをTwitterから入手する方法をご紹介しました。

 


posted by ネコ師 at 23:52 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る