2012年07月21日

英語教材を無料でゲットする方法


 英語教材の販売は相変わらず盛んですが、その教材を使ってどれだけの人が英語を話せるようになっているのかは疑問です。

 体験談を載せている販売サイトもありますが、そのほとんどは、何となく英語が話せるようになりそう、というもの。

 実際には無理でしょう。

 聞き流すだけで英語が話せるようになるという脅威の商材もありますが、そんな訳がない、ことは冷静に考えれば分かることです。

 開発途上国に行くと、現地の売り子たちが日本語を話すのに驚くことがあります。ほんの片言の人もいれば、流暢な日本語を話す人もいます。

 「どこで日本語を勉強したの?」と聞くと、「独学」なのだそうです。

 幕末に活躍した人たちが、急速に英語を話せるようになったことに驚きます。
 満足な辞書さえなかった時代に、外国人もほとんどいなかった時代に、彼らはどうやって英語を急速に覚えることができたのでしょうか。

 日本人が英語ができない理由の一つは、日本語の音と英語の音が異なり、日本人には聞き取れないことがその理由として挙げられるようです。

 しかし、そのような理由は、後でくっつけたもの。前述のアジアの途上国や幕末の志士たちの存在を無視しています。

 それでは、英語を話せるようになった人たちに共通することは一体何なのでしょうか。

 海外には、昭和初期以降に移住した人たちがたくさんいます。彼らが現地の言葉を話せるのは当然と思っている人が多いと思いますが、移住者の中には、ほとんど話せない人もいます。

 同じ移住者の中でも現地語を話せるようになった人と、話せない人の違いは何なのでしょうか。
 実は、この答えは、簡単なものです。

 それは、人の話を良く聞いて、それを真似る。その場で覚える。これに尽きます。難しいことではありません。難しいことなら、途上国の売り子は英語や日本語を話せるようにはなりません。鎖国下にあった幕末の志士は、英語を話せるようにはなりません。

 ところで、このようなことを理解した上で、英語を学習するにはどうしたらよいのでしょうか。
 それは、英語を話す人の言葉を良く聞き、それをただひたすら真似ることに尽きます。

 ただし、意味の分からないことは、100回聞いても分かりません。
 「回帰分析」という日本語を知らない人が、それを100回唱えても、1000回唱えても意味は分からないのです。

 このため、「良く聞く」ための教材には、英語のテキストと日本語のテキストが必要になります。ここで勘違いしてはならない点は、これらはあくまでも「従」の存在で、「主」にはならないことです。ないよりもあった方が良い、という程度のものです。それでも、あると便利です。

 さて、前置きが長くなりましたが、今日の記事のタイトルに移ります。
 数十年前ならいざしらず、現代では、英語学習の素材は簡単に手に入ります。

 この教材の条件は、・・・。
 ① 正しい英語で、はっきり話していること。ある程度の速度をもって話していること
 ② 内容が簡単すぎず、難しすぎないこと
 ③ 真似るために、英文が付いていること
 ④ 英語の意味を知るために和訳がついていること

 この条件をクリアするのが、Youtubeにアップされているビデオです。良い物がいくつかありますが、参考として、オバマ大統領のビデオ「アメリカ 再生・再投資プラン 英語&日本語・同時字幕」のリンクを貼っておきます。



 さて、英語のテキストは、このビデオから作ることができます。
 実は、この演説は、結構長いので、この全文のテキストを作ろうとするとかなりの時間がかかります。

 そこで、ネコ師が作ったものをアップします。チェックしていないので間違いがあると思いますが、その場合は訂正して使って下さい。

 テキストのダウンロードはこちらから。もちろん、無料です。以前はDLにはパスワードの入力を求めていたのですが、削除しましたので、パスなしでダウンード可能です。このテキスト作成に2時間かかったので、パスワードを設定していましたが、削除しました。

【追記】
2012.7.20 累計で、270,000件のアクセスがありました。いつもご訪問ありがとうございます。
2013.12.3 累計で、662,500件のアクセスがありました。いつもご訪問ありがとうございます。
posted by ネコ師 at 00:58| Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください