2013年07月05日

EXCEL: 特定の文字列から文字を抽出し、さらに別の条件で抽出する方法


 今日、ご紹介するのは、住所の中から特定の文字を抽出し、それともう一つの条件に合致する会社の数をカウントする式です。管理人が実際に使っているものです。使っているのはさらに複雑ですが。
 
 今回のポイントは、文字列の中から特定の文字を抽出するのにワイルドカードを使っていること、及び、二つの条件で抽出していることです。この方法を覚えると、かなり広い分野で使うことができると思います。

 下の画像の例では、リストの住所の中から「川崎市」にある「不動産業」の会社数を抽出しています。
ABSTRACT002.gif


 このブックもアップしておきます。欲しい方は、こちらからDLして下さい
 EXCELを覚えるには、他の人が作ったシートをいろいろ改変していく方法が最も近道だと思うので、この程度のブックでもアップしておくことにします。

 こんなことをしたい! という願いをEXCELはほとんどかなえてくれます。その場合の答えは一つではなく、複数あります。しかし、プログラムが大きくなってくると、快適に動かすために、答えは段々と絞られてきます。今回の方法は、とてもシンプルなので気に入っています。

管理人が使っているのは、巨大な全国リストの中から、特定地域の市町村にある会社を抽出する場合です。複数の市町村は、IF文を使って抽出しています。今回の方法はワイルドカードを使って文字列(住所)の中から特定文字(市町村)を抽出しているので、なかなか他の関数が使えない(組み込めない)という弱点があります。

posted by ネコ師 at 02:21 | Comment(0) | 役立つ知識(EXCEL、WORD、PowerPoint) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る