2013年07月23日

Wordの行間を変更する


 普段、Wordを使っていても、行間の変更の必要性はあまりないと思います。

 ところが、最近、行間を変更する必要に迫られることがよくあります。
 その理由は、一太郎で作ったファイルをWordに変換する機会が増えたためです。

 一太郎からWordへは比較的綺麗に変換できるのですが、行間が大きすぎたり小さすぎたりすることがしばしば発生します。

 こんな時は、Wordの行間設定で、適当な行間にセットします。

【方法】

1.メニューバーの「段落グループ」にある「行と段落」アイコンをクリックし、「行間のオプション」。

Espacio01.gif


2.「段落」ダイアログがひらくので、「インデントと間隔」タブで、
 @ 「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外すと、適度な間隔になる場合があります。

 A @の操作で気に入った行間隔にならないときは、一旦、チェックを入れ、その後、「行間」⇒「固定値」を選択。右にある「間隔」でポイント数を小さくします。文字のフォントサイズが12ptの場合は、「間隔」を11ptか10ptにします。

Espacio02.gif


 一太郎からWordに変換したとき、行間隔が狭すぎると、いろんな不具合が発生します。例えば、テキストボックスが表示されない、文字の上下が切れる、など。

 コピーペで貼り付けたテキストボックスが表示されず、不思議に思っていたのですが、原因は、行間隔が狭く設定されていたことでした。

 「テキストボックスが表示されない」というトラブルが発生したときには、行間隔が適当かどうか、先ず、疑ってみると良いでしょう。

posted by ネコ師 at 01:11 | Comment(0) | 役立つ知識(EXCEL、WORD、PowerPoint) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る