2013年07月31日

EXCEL:金額を千円、百万円単位で表示する方法


 今日、仕事の中で、金額を千円単位で表示する必要が生じました。
 例えば、20,000円を20千円のように。額が大きくなると、このような表示方法が見やすくなります。

 式を使えばできますが、簡単な表で式を使うと後々面倒なことになるので、今回は「セルの書式設定」で設定することにしました。セルの書式設定のユーザー定義で、最後にコンマを入れると千円単位に、コンマを二つ入れると百万単位、三つで10億単位で表示されます。日本では普通、10億単位の表示は使わないので、コンマ二つまでが適当でしょう。

 下の画像で、セルB2、C2、D2には同じ数値(200,000)が入っていますが、表示はそれぞれ異なります。ユーザー定義の設定は、セルC5及びD5の値です。 #と0の組み合わせは、表示する金額によって設定します。今回の例では、百万円単位としたとき、桁が10万円だと「 0 」と表示されてしまうのを回避するため、小数点第1位まで表示しています。

275digits.gif


 セルの書式設定を使うメリットは、式を使わないので、プログラムが壊れるという心配がないこと。不特定の人が使うエクセルシートの場合、この方法が良いと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください