2015年06月21日

文字の上にバーを表示する方法


 前回の岩井法の説明を作っていたとき、Yバーと記述する必要が出てきた。
 英文字の上にバーを表示させる方法は、次の3つが一般的かと思います。

1.ルビにバーを記入する方法
 最も簡単な方法ですが、文字サイズが大きと表示できないことと、フォントサイズ10.5pでは文字とバーの位置が離れすぎるという欠点があります。

2.数式入力を使う
 下の画像は数式の分数のバーを使ったものです。比較的綺麗に表示されるかと思います。分子の部分には何か文字を入力して色を白にしています。
Upbar.gif


3.図形の線でバーを表示
 図形の線を文字の上に書き、バーとします。この方法が一番簡単で、位置あわせも楽です。
Upbar1.gif


 これをハードコピーして、画像とすれば、どこでも使うことができます。


「数式入力を使う方法」の詳細説明
 上で紹介した「数式入力を使う方法」を詳しく説明します。

1.[挿入]タブ⇒ [記号と特殊文字]グループの[数式]をクリック

formula55.gif


2.[数式ツール]タブが表示され[デザイン]⇒[構造]グループの[アクセント]をクリック

3.表示されたリストの中から[横線]をクリック

formula57.gif


4. [ここに数式を入力]の四角の蘭に文字を入力します。

formula56.gif


5.フォントの変更
 フォントの変更をする場合は、(上の数式ツール・デザインの状態で)画面左端にある[ツール]グループの[標準テキスト]をクリックします。これで、文字のフォントを自由に変更できます。

formula58.gif


(この記事は2013年10月27日にアップしたものですが、修正しました。)


posted by ネコ師 at 03:22 | Comment(0) | 役立つ知識(EXCEL、WORD、PowerPoint) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る