2013年11月04日

ボリビアの最新安全情報の入手方法


 開発途上国は、一般的に政情が不安定で、数ヶ月前の情報では役に立たないこともよく起きます。
 ガイドブックの安全情報が役に立たないこともしばしば。こんな時は、現地の日本大使館の情報が一番役に立ちます。ところが、そのような情報は大使館のホームページを見てもありません。では、大使館は情報を発信していないのか?  

 実は。在ボリビア日本国大使館はしっかり情報を発信しています。しかし、その情報は特定の人しか見ることができない。これを見るためには、登録する必要があります。

 登録は簡単なので、ボリビアに観光で行きたい方は登録してみてはいかがでしょうか。メールマガジンで、最新の法人被害のニュースが送られてきます。

 これを読んでいると、日本人観光客が無防備なのがよく分かります。同じ手口で何人もの日本人観光客が被害に遭っています。

 犯罪報告だけでなく、ストライキの情報も役立ちます。

 ウユニ観光に行こうとするのなら、ストライキの情報入手は必須です。ストを決行する炭鉱労働者は、観光にダメージを与えることで政府に圧力をかけようとします。このストライキのためウユニ観光を断念した方も多いと思います。管理人の息子たちもこの被害に遭いました。

 こんな時は、現地の新聞をネットで読むのが一番の早道ですが、スペイン語の新聞を読める日本人は数か少ないと思います。こんな時、大使館のメールマガジンはとても役立つのではないかと思います。

 メルマガに登録するには、下の大使館のリンクの「海外安全対策情報」から。在留邦人でなくても登録できます。

http://www.bo.emb-japan.go.jp/hp/02cons/consular-ja.htm

posted by ネコ師 at 02:27 | Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る