2014年04月25日

25言語で歌い継がれる『アナと雪の女王』のウオルトディズニー社公式配信版


話題の『アナと雪の女王』の「Let It Go」。25言語で歌われ、松たか子がさびの部分を歌っているということで、YouTubeで確認することにしました。 どうせ見るならウオルトディズニー社公式配信版を見たい。

 たくさんの人がアップしているので、オリジナル版がなかなか見つからない。
 やっと見つけたウオルトディズニー社公式配信バージョンが下のビデオです。映画は観ていないけれど、良い曲です。確かに、松たか子のパートはかなりのインパクトがあり、他の言語の歌い手とは声質が全く違うのでとてもきれいに聞こえます。このビデオの最初の4人は声も顔も似ている。

Let It Go - Multi--language "Behind The Mic" version (from "Frozen")


 この曲を歌うのは大変そう。音域が広くて普通の人では歌えないのでは。YouTubeでこの曲のカバーをしている人のビデオを何人か見たのですが、「ありのままの・・」のサビのところに入るのに苦労して途中でキーを変えているみたいです。松たか子はキーを変えずにこの部分をとても可愛く感情を込めて歌っているので、カバーしている人たちとは迫力が全然違います。

 ウオルトディズニー社のチャンネルを見ていたら、下のようなビデオもありました。曲が気に入りました。ビデオもきれいだし。

Olivia Holt - Carry On (From Disneynature Bears)


 何とも淡泊なコメントで済みません。
 ヘッドフォンをして聞いてみました(NECパソコンのスピーカーは糞)。松たか子の美声に感激しました。

 この曲は他の歌手も歌っています。でも・・・。
 歌が上手な人は、どうしても技巧に走ってしまいます。それがその歌い手の特徴になるのでしょうが、・・・。 松たか子の歌は聴いていて楽しい。歌から楽しさが伝わってくる。他の歌い手さんは、聴かされている感じ。ブレス音はなに?

 ついでに、もう一言。
 ディズニーのキャラクターってよくよく見ると不気味。人って、こうやって欺されるんだ、という見本のようだ。

 宮崎アニメのキャラクターと比較すればその違いが分かる。

 ディズニーアニメがこれだけ世界を席巻したことで、宮崎監督もかなりの刺激を受けたのではないかと思います。引退を撤回して、別の仕事スタイルで復帰して欲しいものです。


posted by ネコ師 at 23:01 | Comment(0) | お気に入り音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る