2014年04月29日

米国土安全保障省の「エクスプローラー使うな」とロイター通信が怪しい警告


 ロイター通信によれば、2014年4月28日、米国の国土安全保障省が、ハッカー攻撃にさらされる危険があるとして、マイクロソフト社の「インターネット・エクスプローラー」を使わないよう警告し、代替ソフトの使用を呼びかけたそうです。

 この手の情報は、不安を煽るだけの情報の垂れ流し。誰にとって、何がどのように危険なのか、なぜ、危険なのかを一切説明せず、「危険だ!」という情報だけを流している。不安を煽る常套手段です。良識のあるマスメディアはこんな配信はしません。

 マイクロソフト社とロイター通信との間で、金銭をめぐるトラブルがあったと見るのが普通かも。
 ロイター通信をそのまま流している社は同罪。 他社の情報を流しただけ、という言い訳は自社の信用を失うだけ。

 
 
posted by ネコ師 at 04:37 | Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る