2014年07月20日

おっと、永久機関は既にあったのか?


 永久機関は既にあったのか、と誤解してしまうようなビデオです。
 外部から力を加えないのに自然に回転を始める銀色の球。動力はありません。球の両側に、軸を傾けた円盤があるだけです。それなのに、球が自然に回転を始めます。



 傾いた2軸のディスクと接する鉄球がポイントのようですが、楽しいビデオです。
 先日、NHKの「超絶 凄ワザ! 」という番組で、「真球」を作る対決をしていました。その中で、鉄の球を磨くとき、球を支える台と球を磨く研磨部とに角度を付けることで、球を回しながら均等に磨くという"すご技"がありました。

 このビデオの原理と基本的には同じだと思います。
角度がポイントのようです。

 ビデオをみていると、このまま永遠に回わり続けるような錯覚に陥りますが、実際には直ぐ止まります。軸をずらすときの動作で回転しているので、摩擦で直ぐに回転が止まります。


posted by ネコ師 at 09:00 | Comment(0) | おもしろ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る