2014年08月29日

文房具店で見つけたおもしろ文具「筆鉛筆」


 今日、郵便物をポストに投函するために出かけたら、ポストのところにある文房具店の貼り紙が目を引いた。

 「筆鉛筆あります」

 筆ペンは聞いたことがあるけれど、筆鉛筆は聞いたことがない。
 早速、文房具店に足を踏み入れた。

 「玄関の貼り紙に書かれている筆鉛筆ってありますか。」
 文房具店の主人が、目の前の品物を指さした。

 歯ブラシのようにたくさんぶら下がっている。
 「濃く、なめらかな書き味。」「とめ」「はらい」「はね」「硬筆書写の技法を鮮やかに表現」

 こんな宣伝文句が目に飛び込んできた。

 「これください。」

 買ってしまった! 値段は400円。普通の鉛筆なら何本買えるのだろうか。 
 それに、2Bや3Bではなく、10Bというところが何とも怪しい響きを醸し出している。

 「この鉛筆のことは全然聞いたことがないのですが、最近発売されたのですか?」というネコ師の問いに店主は、「確か、去年だったと思いますけど、まだ1年経っていないと思います。」との返事。

 帰宅して、早速使ってみることにした。しかし、問題が・・・。ネコ師は鉛筆を削れない。鉛筆を削るのは大の苦手。そこで、鉛筆削りが大好きなうちの奥様に削ってもらった。

筆鉛筆


 使ってみた感想は、確かに書きやすい。芯が柔らかくとても滑らか。筆圧が弱い人でもさらさらとクッキリとした文字が書ける。

 ただ、筆とは全く異なる。書き味は、やはり鉛筆だ。
 硬筆の練習には最適化も。でも、絵を描くときのチョークよりも使いやすいので、デッサン画に向いていると思う。やはり、10Bは柔らかい。

 メーカーは老舗の三菱鉛筆株式会社。なぜ、今までこのような鉛筆がなかったのか不思議。たぶん、10Bの鉛筆を作るためには高度な技術が必要だったのでしょう。柔らかくても折れない鉛筆。

 この鉛筆を買って良かったか?

 それは、「買い」です。気に入りました。
 普段、パソコンしか使わないので、自分で文字を書く機会がめっきり減りました。そんな時、固い鉛筆を使うと文字がうまく書けません。この筆鉛筆の柔らかさはとても魅力的です。


posted by ネコ師 at 22:41| Comment(0) | メモ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください