2014年12月28日

"Kalafina"のロゴに使われているフォントとロゴ作りの方法


 女性三人のユニット「Kalafina」のCDジャケットなどに使われているフォントがきれいだと思います。
 なんというフォントでしょうか。「Kalafina」のにわかフアンになって毎日聴いています。このフォントが「Kalafina」とよくマッチしていると感じています。

kalafina-Logo_Org.jpg


 たぶん、デザイナーが作っているので、市販のフォントではないのでは?
 でも、こんなフォントを使ってみたい。

 そんなわけで、今日は、「Kalafina」のロゴの作り方をご紹介しましょう。

 あまりきれいにできなかった(汗)。PhotoShopを使えばもっときれいにできるのですが、今回も無料で使える別のソフトで作っています。
 完成品です。png型式で透明処理しています。やはり、いまいちですね。線がよたよたしている。
Kalafina_Logo_0.png


【作り方】
1.フォントの入手
 まず、フォントです。
 Kalafinaのロゴに似ているフォントとしては、「Chopin Script」というフォントがあります。かなり似ていると思います。リンクを開くと下の画面になります。右側にある[Download]ボタンをクリックしてダウンロードします。登録などは不要です。

Kalafina_Font1.gif

 このフォントをダウンロードして、パソコンにインストールしておきます。(インストールの方法は記事最下部参照)

2.Wordで文字入れとpng型式での出力
 Wordを起動し、テキストボックスの中に「Kalafina」と入力し、先ほどインストールしたフォント(Chopin Script)を選定します。文字サイズを120くらいに設定。
 このテキストボックスを背景透明のpng型式で保存します。ワードアートも同じ方法で出力できるので、覚えておくと役立ちます。

 名前を付けて保存で、[ファイルの種類]⇒「webページ(フィルター後)」を選び、名前を適当に付けて保存。[この名前]+[files]というフォルダができるので、その中にテキストボックスに記入した文字が背景透明のpng型式で保存されている。

Kalafina_Word1.png


3.文字画像の加工
 フォント(Chopin Script)はかなり似たフォントですが、色々違うところがあるので修正します。

 たとえば、「K」を右側に移動し、羽根の部分の形状と位置を変更。[l]と[f]の形状も修正、などなど。

 今回修正に使ったのは、「Zoner Photo Studio 16」。レタッチソフトはなんでも良かったのですが、このソフトは[変形]機能が優れているので使ってみました。ただ、マスクができなかったのでキレイに仕上がらない。
Kalafina_Zoner1.jpg


 PhotoShopなら範囲を指定して切り抜き、塗りつぶしができるのですが、「Zoner Photo Studio 16」では・・・使い方がよく分からない。PhotoShopが入っているパソコンの調子が悪いので、PhotoShopは滅多に使わない。・・・・、使えない。とほほ。

【フォントのインストール】

 ダウンロードしたフォント[ChopinScript.otf]をクリックして開きます(下の画像)。
Install_Font1.png


 赤枠の[インストール]をクリックしてインストールします。

【追記】
 ロゴの上下にラインを入れたバージョンです。作り直しました。きれいで上品な色に仕上がっていると思います。

Kalafina-Logo6.png



posted by ネコ師 at 03:13 | Comment(2) | Kalafina | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
これビンゴですね
このフォントをベースに、fを音楽の「フォルテ」の記号に変えて、太さが揃うようにして、クリーンナップしたんでしょう。
Posted by 詠み人シーラカンス at 2014年12月28日 13:13
>詠み人シーラカンスさんへ
 コメントありがとうございます。
 かなり似ていますよね。ゼロから作るのは難しいので、デザイナーさんが参考にしたのかも。
Posted by ネコ師 at 2015年01月05日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る