2015年01月09日

Windows8でタスクバーからOutlookが消えた!:解決策


 いつも使っている「Outlook2010」がタスクバーから消えてしまった。誤って削除してしまったらしい。
 OSはWindows8。

 Outlookのプログラムを探しても見つからない。メールのチェックができないので困ってしまった。
 ところが、『OutlookってOfficeの一部』ということに気づき、やっと回復しました。

 Outlookの実行ファイルはPC内の検索でヒットしないような設定がされているようです。

【解決策】
(OSはWindows8ですが、管理人はスタートボタンを表示させているので・・・)
 [スタート]ボタン⇒[プログラム]⇒[Microsoft Office]⇒[Microsoft Outlook2010] ここで右クリックし、[タスクバーにピン留め]をクリック。

 これでタスクバーにアイコンが表示されました。やれやれです。

 普通のプログラムなら直ぐに見つかるのに、Outlookの実行プログラムが見つからず困りました。
 後で分かったのですが、実行プログラムは下のパスにありました。ところが、このプログラム名「OUTLOOK.EXE」でPC内検索をしてもヒットしません。特殊なプログラムのようです。

 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14\OUTLOOK.EXE


posted by ネコ師 at 00:02 | Comment(0) | 役立つ知識(PC編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る