2015年01月31日

パノラマ写真作成ソフトの比較


 パノラマ写真を作るソフトとして、普段はMicrosoftが無料で提供している『Image Composite Editor(ICE)』を使っているのですが、今日は『ArcSoft Panorama Maker 5 Pro』というソフトを使ってみます。このソフトは、以前、ニコンのカメラを買ったときに付いてきたCDの中に入っていたもの。「価格.com」で調べると、「最安値 6,780円〜」となっていました。

 早速、ソフトをインストールして起動。すると、以下のようなエラーメッセージがでました。

 AcroMediaService.exe-システムエラー『コンピューターにQTCF.dllがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。』

ArcMediaServiceError.jpg


 この「QTCF.dll」は、「QuickTime」の中にあるdllなので、これをSystem32の中にコピーすれば問題解消。
 管理人の環境 Windows8では以下の場所にあります。
【コピー元】 
  C:\Program Files (x86)\QuickTime\QTSystem\QTCF.dll
【コピー先】
  C:\Windows\System32\QTCF.dll

 次に、「Image Composite Editor(ICE)」を起動しようとしたら起動できない。
 (Windows8だけど表示設定している)[スタートボタン] ⇒ [プログラム] ⇒ [Microsoft ICE] ⇒ [Microsoft ICE]と進むと、下のようなインストールを求めるウインドウが開き起動できない。少し前まで使っていたのにおかしい。プログラムのショートカットは削除したらしく見つからない。

ICE_error.jpg


 そこで、ICEの実行ファイル[ICE.exe]を探して起動しました。実行ファイルは下の場所にあります。
  C:\Program Files\Microsoft Research\Image Composite Editor

 前置きが長くなりました。
 二つのソフトの比較です。二枚の写真をパノラマ写真にしています。
【Image Composite Editor(ICE)】
Panarama_ICE_sample.jpg

【ArcSoft Panorama Maker 5 Pro】
Panorama_Maker5_sample.jpg


 比較の結果、どちらのソフトも簡単に、かつ、きれいにできます。
 少なくとも、二枚の写真のパノラマ化は、無料の【Image Composite Editor(ICE)】で十分なことが分かりました。

 「ArcSoft Panorama Maker 5 Pro」の優れているところは、360度のパノラマをフラッシュとして出力できること。これには感動しますが、三脚を使わないとキレイなパノラマ画像になりません。


posted by ネコ師 at 15:28 | Comment(0) | 便利なフリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る