2015年02月24日

プレ・インカ遺跡で撮影した不思議な写真


 世界遺産の古都ボリビアのスクレ市の郊外にプレ・インカ時代の『インカ・マチャイ(Inka Machay)』という遺跡があります。きれいな彩色画の岩絵があることで有名です。さらのその上に登っていくと『プーマ・マチャイ(Puma Machay)』という遺跡があり、きれいな岩絵が残されています。

 座標は下のとおりです。座標をコピーしてGoogle Earthに貼り付けてご覧下さい。
 Inka Machay 18°57′21.30″ S 65°25′31.10″W
 Puma Machay 18°57′21.90″ S 65°25′26.60″W

GoogleEarth_InkaMachay1.jpg
 Source:Google Earth

 インカ・マチャイに初めて登ったときのこと。標高が3400m位あるので、休み休み登り、やっと目的地に到着。結構疲れます。
Inka_Machay04.jpg


 そこで自分が登ってきた道を撮影しました。その時は気がつかなかったのですが、その中の一枚の写真に不思議なものが写っていました。
Inka_caiman2.jpg


 分かり難いので少しアップします。
Pre Inka Monument


 さらにアップします。何が不思議かもう分かりましたよね。
Inka_caiman1.jpg


 この岩はとても大きなものです。頭の上の部分に石段があるので、その大きさが分かると思います。たぶん30m近くの長さがあると思います。登山道はこの直ぐ脇にあるのですが、まったく気づかずに通り過ぎました。
 この岩が、自然にできたものだと思いますか?

 こんなに標高の高い所にはワニはいません。
 頭の部分は完全に空中にあります。完全な形の口も目もあります。

【管理人の推理】

 この岩は自然にできたものだと思います。どうみても人の手が入っているように思いますが。

 その根拠は、『インカ・マチャイ(Inka Machay)』と『プーマ・マチャイ(Puma Machay)』の岩絵です。この二つの遺跡に残された岩絵はとても原始的なもので、洞窟や岩の壁面に描かれたものです。岩を高度に加工した痕跡はまったく見られません。
Inka Machay pintura

Source:ネコ師、インカ・マチャイの岩絵

 写真のような巨石の彫像を人が加工して作るには、もっと高度な写実的な能力が必要だと思います。残念ながら、残された岩絵からはその痕跡を見つけることはできません。

【関連記事】
 この不思議な写真は、以前、本館にアップしたものです。インカ・マチャイとプーマ・マチャイの岩絵をもっと見たいという方は、下の関連記事をご覧下さい。実は、不思議な岩は他にもあります。

 『スクレのプレインカの遺跡で不思議発見!』
 『スクレの幻のインカの岩絵(INCA MACHAY)』
 『プレ・インカ時代の岩絵 プーマ・マチャイ:Google Earth対応』


posted by ネコ師 at 09:49| Comment(0) | 古代の謎・歴史ヒストリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください