2015年02月25日

写真のGPS位置情報に基づきGoogleマップに表示するフリーソフト

 
 最近の携帯電話のカメラで撮影した写真にはGPS緯度経度情報を入れることが可能です。
 この写真撮影場所をGoogleマップに簡単に表示させるツールがたくさん公開されています。

 今回は、「OsadaSoft」さんが公開している『画像位置情報取得ツール』を使ってみました。

 このソフトはとてもシンプルな機能しか持っていません。まさに、位置情報(ジオタグ)を持った写真をGoogleマップ上に表示させることだけに特化したソフトです。

 このシンプルなデザインが功を奏し、とても使い勝手の良いソフトに仕上がっています。
 ソフトを起動すると、フォルダーの中にある写真でジオタグが付いているものをすべてGoogleマップに表示してくれます。
image2_small.jpg

Source: OsadaSoft

 この位置情報はかなりの誤差がある場合があります。その時は、表示されているGoogleマップ上の赤いピンをドラッグして正しい場所に移動し、保存します。

 Google Earthで表示するための「kmlファイル」出力機能もなく、余計な機能が一切ない本当にシンプルなビューアとしての機能に特化したソフトです。一般の方は、この機能で十分だと思います。こういうシンプルなソフトのニーズはかなりあると思います。多機能になればなるほど使いにくくなるので。


posted by ネコ師 at 06:00 | Comment(0) | 便利なフリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る