2015年03月03日

花粉症による目のかゆみを劇的に取り除く方法


 ついに花粉症の季節到来です。
 管理人は、目がかゆくなるのでとてもつらい時期です。

 抗アレルギー目薬をつけていますが、あまり効いているという実感がない。
 花粉症による目のかゆみ対策はないものかと考えていたのですが、ふと、ある方法を思いつきました。それは「塩」を使うというものです。

 先日、里芋を剥いていたら手がとてもかゆくなりました。それも尋常ではないかゆさです。
 石けんで洗ってもだめで、皮膚の中までしみ通るような痛烈なかゆさです。

 ネットで調べたら、「粗塩」がよいとあったので、さっそく粗塩で手を洗いました。
 すると、ウソのようにかゆさが消えました。

 目のかゆさにもこの方法を使います。


目のかゆみを劇的に取り除く方法
1.粗塩を手のひらに一つまみのせ、それを少量の水で湿らせます。
2.湿った粗塩を目の周りにていねいに塗ります。決してこすらないように。
  目をぎゅっと閉じたり緩めたりして(目は開けない)、目の縁に塩が付くようにします。塩なので目の中に入っても問題ありませんが染みます。
3.そのまま30秒程度放置し、すぐにお湯で洗い流します

 今期は今日から始まった目のかゆさですが、塩で洗うだけでかゆさがとれました。ウソのようです。飲み薬も目薬も不要です。

 かゆいからといってこすると症状が悪化します。早めに粗塩で洗うと良いと思います。


 


 目の周りを塩で洗うというこの方法は、とても有効です。
 少しかゆくなってきたなと感じたら、直ぐに塩で洗うようにしています。


posted by ネコ師 at 07:08| Comment(0) | 役立つ知識(生活編) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください