2015年03月14日

レシピ:とってもおいしい目玉焼き


 誰でも簡単に作ることができる料理と言えば「目玉焼き」が代表格でしょう。
 でも、美味しい目玉焼きを作るには少しだけ手間をかける必要があります。

 白身の部分はカリットしていて、黄身の周囲に生の部分がない目玉焼きが好きです。白身の生焼けの部分があるとどうも食感が良くない。

Fried egg


 白身の部分をカリッと焼くのは簡単なのですが、問題は黄身の周囲。この部分はなかなか火が通りません。フライパンに蓋をすれば火が通りますが、黄身の部分まで火が通るので、黄身が白くなってしまいます。上の写真は、黄身の周囲がきれいに火が通っているのが分かると思います。


おいしい目玉焼きの作り方
 実は、黄身と白身を分離して焼いています。
 まず、卵を器に割り入れます。この時、黄身だけ手のひらで受け、白身の部分は指の間から器に落とします。卵の殻を使って、黄身だけを殻の中に残すという方法でもかまいません。

 次に、白身だけ弱火で気長に焼きます。ほどよく火が通ったら、黄身をそっと白身の中央に乗せます。
 最後に、粗塩とコショウをふりかけて完成です。

 黄身は生のままで、白身は完全に火が通っている目玉焼きは、とてもおいしいです。
 ホテルの朝食で、コックが卵料理を目の前で作ってくれる場合がありますが、その時の火力は弱火です。これが美味しく作る秘訣かも。 

 何にでも醤油をかけて、皆同じ味にする癖を持つ方は、塩コショウだけの味を堪能してみて下さい。


posted by ネコ師 at 01:00 | Comment(2) | 料理レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
My yahoo RSS登録登録していつも読ませていただいています。

本当においしそうです!
絶対に試してみます。
Posted by Nyangolo at 2015年03月15日 13:38
>Nyangoloさんへ
 コメントありがとうございます。
 あるお宅に早朝お邪魔したとき、朝食をごちそうになりました。その時の目玉焼きがとてもおいしかったので自分でも作ってみました。その時食べた目玉焼きには味の素がかかっていたのですが、我が家には味の素がないので省略です。誰でも作れる目玉焼きなのに、味が全然違ったものになります。ぜひ、作ってみて下さい。

Posted by ネコ師 at 2015年03月15日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る