2015年04月20日

明治が熱い!不思議の国日本の不可思議:その1


 今日は、西暦2015年4月20日(月)です。平成27年です。昭和で換算すると、 昭和90年にあたります。
 それでは、今年は明治何年でしょか。 

 正解は、明治148年です。明治元年、すなわち、西暦1868年から数えて、今年は148年目にあたります。
 明治維新から150年の節目となる年は2018年です。 三年後に迫っています。
  
 ちなみに、100年目の節目の年であった1968年には、「明治百年記念式典」が行われました。これは、日本の元号が明治へ改められた1868年10月23日(慶応4年9月8日、明治元年9月8日)から満100年を記念して、1968年(昭和43年)10月23日に挙行された日本政府主催の式典として行われたものです。(Wikipedia)

 ここ2、3年、幕末から明治にかけての時期を題材にしたテレビ番組が急激に増えているように感じます。

 例えば、NHKの大河ドラマを調べてみると、近年、確かに幕末から明治にかけての時代を背景としたドラマが増えていることが確認できます(下表の黄色にマークしたところが幕末・維新のもの)。

Chronology_NHK.png
 Source: NHK 「大河ドラマ一覧

 また、NHKの『歴史秘話ヒストリア』、NHK BSプレミアムの『英雄たちの選択』やBS-TBSの『歴史列伝』でも幕末から明治維新の時代に活躍した歴史的人物を非常に多く取り挙げています。

 幕末から明治にかけての10年間ほどは、日本の歴史に照らしても劇的といえるほどの変化が生じた時期でした。

 この時期に活躍した歴史的人物の再評価が行われています。テレビ番組で数多く取りあげられているのがこれを物語っています。


とても奇妙な歴史:明治維新
 明治維新のあたりの歴史について、奇妙に感じたことはないでしょうか。管理人は、教科書などに載っているようなこの時代の歴史についてとても奇異に感じています。

 それは、「スーパーマン」が数多く登場していることです。
 常識的に考えて、世界的に見ても、歴史に「数多くのスーパーマン」は登場しません。ところが、明治維新のあたりには、「スーパーマンだらけ」の状況でした。この時期の歴史的人物たちは信じられないほどの改革を断行しています。

 追々解き明かしていきたいと思いますが、今回は問題の提起をしたいと思います。

 管理人は、スーパーマンはその時代に多くても一人しか登場しないと考えています。ところが、幕末から明治10年頃までの体制の変化は、数多くの歴史的人物でスーパーマンとしか思えないような人たちが行いました。
 
 人間の能力には限界があります。また、能力がある人の場合でも経験と情報が十分にないと能力を発揮できません。このサイトでは、そのような制限された環境の中で、「考えられないような能力を発揮した歴史的人物」をスーパーマンと定義しましょう。

 管理人は、「考えられないような」ということは、誰かが情報を操作した結果ではないかと思っています。例えば、10人の業績をたった一人の業績として置き換えてしまう。そのような操作が行われたのではないかと。

 幕末に活躍した歴史的人物たちの中には、たいした学問もしておらず、得られる情報も断片的なのに、スーパーマン的な働きをしている者がいます。坂本龍馬がその典型でしょう。

 歴史家も含めて、物書きの人たちは、「自分ができないことをやった過去の人物を極端に過大評価してしまう」ようです。古代遺跡の石組みの切断面が平坦な理由を宇宙人に求める人たちと似ている気がします。

 歴史の本を書いている人たちは、日常社会とは隔絶した研究生活をしているように思います。科学的な、化学的な専門的知識も技術も持っていないでしょう。「自分の専門外」のことを「その分野の専門家から見たら当たり前のことでも過大評価してしまう」、そんな傾向があるように思います。

 草葉の陰から「他人の業績をあたかも自分がやったかのように付け替えられて不快に思っている」歴史上の人物がたくさんいるのではないでしょうか。世の中には、他人の成果を自分のものとして公言する人がいることは事実ですが、この時代は違うように思います。私利私欲のためではなく、真摯に国のために命をかけた若者たちが確かにいたのです。彼らの業績が過大に評価されているとすれば、後世の歴史家が責任を負うべき問題のように思います。

 『幕末・維新の歴史的人物の再評価』を通じて、スーパーマン的人物像を修正していくことが必要だと思います。その作業を通じて、新たな傑出した人物が浮かび上がってくるでしょう。また、その時代の歴史を動かしていた影の人物も浮かび上がってくるのではないでしょうか。

 昨日まで丁髷(ちょんまげ)を結っていた人たちだけで明治維新はできなかった。こんなことは常識でしょう。それなのに、歴史的人物をスーパーマンにすることで、この部分を闇に包み込んだ。

 幕末から明治維新にかけての時代は、それぞれの分野のキーパーソンがたくさんいたのでしょう。しかし、彼らの功績の多くが無視され、得られた成果だけが特定の歴史的人物の成果として付け替えられた。これが同時代にたくさんのスーパーマンが誕生した理由でしょう。

 次回以降の記事で、順次、内容を深めていきたいと思います。


【参考】
・Wikipedia 「明治


posted by ネコ師 at 03:11| Comment(0) | 古代の謎・歴史ヒストリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください