2015年06月24日

JPG等の画像に好みの文字や図形をきれいに入れる方法


 JPG形式などの画像に文字を入れる方法はたくさんありますが、きれいな文字を入れる方法となると数が限られます。

 最近、管理人は、Power Pointを使う方法を多用しています。なぜ、WordでもExcelでもなくPower Pointなのか。

 OfficeのWord、Excel、Power Pointには共通の機能がたくさんあります。これらの機能は同じように使えるので、全く同じものだと錯覚してしまいますが、実は、それぞれ違います。画像への文字入れや図形を入れる場合にPower Pointが優れている理由は、画像として簡単に出力できる機能があるからです。また、複数の図形を統合して一つの図形にすることもできます。これはグループ化とは違う機能です。図形のグループ化は一つの図形として動かすことはできますが、図形自体はそれぞれ独立したものです。ところが、Power Pointの[図形の接合]という機能は、複数の図形を完全に一つの図形にすることができます。つまり、図形の重なりがある場合には、重なっている部分の線がなくなります。

 画像に文字入れするには、次の手順が良いでしょう。文字入れした画像を保存する場合、PNG形式で保存すると、挿入した文字がぼやけたりせずクッキリした画像になります。

1.[挿入]⇒[画像]グループの[図]と進み、文字入れする画像をPower Pointに読み込みます。
2.[挿入]⇒[ワードアート]で、好みの文字飾りを選び、文字を入力。フォントや文字サイズ、色を変更。好みにより、文字列の[変形]を適用
3.[名前を付けて保存]で、[ファイルの種類]をPNGとして、名前を付けて保存する。

kankore01.jpg


 できあがりが下の画像です。PNG形式で保存しています。ブログにアップするため、サイズダウンしたので、少し劣化しましたが、きれいに文字入れできていると思います。

Kankore02.png


 黄金の雷電はこの前作った素材の使い回しです。


posted by ネコ師 at 06:00 | Comment(0) | 役立つ知識(画像編1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る