2015年07月07日

ピントが合っていない写真をインパクトのある写


 せっかく撮影した写真が、ピントが甘く、ボケた感じがするため、残念に思うこともしばしば起きます。 下の写真がその典型です。

 この写真は、ウユニ塩湖に行く途中で撮影したものですが、逃げ回る臆病なリャマにできるだけ近づいて撮影しようとしたせいか、少しピンぼけになってしまいました。何とも眠たいような写真です。

llama0.jpg


 この写真を少し見栄えを良くしてみました。

llama4.jpg


 でも、前景と背景とで何となく違和感を感じるので、背景の色調を補正

llama5.jpg


 比較的キレイに仕上がったのではないでしょうか。
 まるでプロが撮したみたい・・・・かな。

【画像修正の手順】

 1.主役がリャマなので、コピーしたレイヤーで、「ハイパスフィルタ」を使ってリャマの毛並みを強調し、「オーバーレイ」で表示。
 2.リャマが横方向に動いたために生じるモーション・ブラーを「Focus Magic」の「Fix Motion Blur」で補正。
 3.色調を補正。
 4.下のレイヤーにぼかしを入れ、上のレイヤーの背景を大きなサイズのぼかし付き「消しゴム」で気長に消去。


posted by ネコ師 at 21:15| Comment(0) | 役立つ知識(画像編1) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください