2015年12月19日

矢印や袋文字を綺麗に入れられる「Skitch」が使えなくなる


 画像に矢印を入れたり袋文字を入れたりする機会は多いと思います。これを通常のソフトでやると矢印がボケてしまったりして、うまく仕上がらない場合があるのですが、Evernote社が無料で配布している「Skitch」というソフトはとても綺麗に矢印や文字を挿入できるので便利です。

Evernote社製skitchのサンプル表示


 ネット上でも多くの方が使っているようです。
 ところで、この「Skitch」のデスクトップ版の配布が2016年1月22日で中止になるようです。同時にサポートも中止になります。

 そこで、パソコンを買い換えたときに備えてWindows版インストールソフトをダウンロードしておくことにしました。

 このソフトは、元々はEvernote用らしいのですが、Windows上でEvernoteとは関係なくスタンドアローンで動くので、1月22日以降も使えます。

 後一月あまりしかないので、ダウンロードするならお早めに。現在使用している方も、インストールソフトをダウンロードしておくと安心です。

 「Skitch」にこだわらなければ、もっと高機能な「Screenpresso」を使うという手もあります。サービスの終了が乗り換え時期かも。「Skitch」はスマホ用のアプリといった感じで機能に物足りなさを感じますが、「Screenpresso」はまさにソフトウエアという感じで、至れり尽くせりで機能満載です。

 このソフトの使い方については、「寝ログ」さんでよくまとめられているので、そちらをご覧下さい。

参考:「お知らせ: Clearly、Evernote for Pebble、Skitch の一部バージョンのサポート終了について
 

posted by ネコ師 at 21:07 | Comment(0) | 役立つ知識(ソフトウェア編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る