2016年01月13日

人が乗れるドローンが開発されている


 実物大の乗用ドローンができたみたいです。

Youtube: The Swarm Manned Aerial Vehicle Multirotor Super Drone Flying

 54のローターを持つドローンの実験動画です。
 この手の動画を見ると、フェイクではないかと疑ってしまう。

 この機械の重さはいくらくらいなのでしょうか。仮に30Kgとして、操縦者の体重と合わせると約100Kgを54個のローターで持ち上げていることになります。ローター1個あたり2Kgの荷重を持ち上げることになります。

 この華奢なローターで約2Kgを持ち上げることが本当にできるのか? 
 
 PRODRONE社が開発した大型ドローン「PD6-B」は30Kgのペイロード(搭載重量)を搭載可能だそうです。自重は12Kで、6つのローターを使っています。つまり、合計42Kgの重さを6個のローターで持ち上げることになるので、ローター1個あたり7Kgを持ち上げることができる計算になります。

 小学校低学年の児童ならこれ一台で持ち上げることができます。そして、二台使うと大人でも大丈夫。改造して使えそうです。三台使うと、18個のローターで90Kgのペイロードです。こう考えると乗用ドローンはすでに実用化の段階にあることが分かります。

PD6-B.jpg


 人間が乗るとなると、墜落が怖いので、へリウムガスを併用した構造が実用的なような気がします。


posted by ネコ師 at 01:00 | Comment(0) | おもしろ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る