2016年07月17日

究極の「ピタゴラ装置」をホンダが開発していた!


 NHKのEテレ(教育)で「ピタゴラスイッチ」を見たことのある方も多いと思います。
 子供たちの「考え方」を育てる幼児向けのテレビ番組なのだそうですが、大人が見ても楽しめます。

 この番組の中ででてくる「ピタゴラ装置」。ピタゴラスイッチという文字を表示させるために、さまざまな仕掛けを動かして、それらが次々と連鎖していくことで実行する。

 この表現手法を発案したのは、米国人のルーブ・ゴールドバーグ。このため、この装置は一般にはルーブ・ゴールドバーグ・マシン(Rube Goldberg machine)と呼ばれています。

 「ルーブ・ゴールドバーグはその複雑さや面倒臭さ・無駄加減さに着目し、20世紀の機械化への道を走る世界を揶揄した。(Wikipedia)」

 なるほど。そういうことか。すると、・・・。

 「NHKは、その複雑さや面倒臭さ・無駄加減さに着目し、受信料の無駄遣いの実態を自ら揶揄した装置を開発した。」

 面白い動画を見つけたのでアップします。
 ホンダのオフィシャル動画です。



 車の部品が連動して組み立てられていくようなピタゴラ装置だともっと楽しいと思います。


posted by ネコ師 at 01:00 | Comment(0) | おもしろ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に関係ないコメント、宣伝的なコメントは削除させていただきます。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ このページのTOPに戻る