2016年10月11日

「google-search-console」から通知が来た


 「Google Search Console」、以前は「Google ウェブマスター・ツール」という名前だったような。ここに登録しているものの、滅多に使うことはありません。

 ところで、先日、「Google Search Console Team」から本サイトのAMPページエラーがありますよ、「AMP ページのエラーを修正してください」というメールが届きました。こんな連絡が来るなんて初めてのこと。ちなみに、AMPとは「Accelerated Mobile Pages (AMP) 」のことです。

 最初に疑ったのは、このメール自体が偽物で、ウイルスではないかということでした。しかし、本物のようです。

 しばらく放って置いたのですが、やはり気になる。そこで、今日は、エラーの解消をすることにしました。

 結論から書くと、ページに使われているhtmlタグが古いタイプで無効だったり、非推奨のものに対してエラーとして認識され、エラーメッセージが送信されるようです。

 今までこんな通知は受けたことなどないし、最近アップしたページに問題が見つかったのかと思ったのですが、そうではなく、過去に遡ってエラーが表示されています。要は、モバイルページに対するGoogleのthml文法判定基準が最近変更になったということでしょう。

 管理人の場合は、「table」タグの中の表の罫線のカラー設定が引っかかったようです。また、色つきラインを引いていた「<hr>」タグもすべて引っかかりました。全部で26記事でエラーが出ています。

 原因が分かれば、修正は簡単です。「table」タグは、最近使っている(公開中の)Excelマクロで表のhtmlタグを出力し、ブログに貼り付け直しました。この方が手間がかからない。

修正手順

1.「Google Search Console」にログインすると、下のような「Fix errors on your AMP pages」と書かれた警告文が表示されています。

Google_Search_Consol_Error1.png


2.「詳細を表示」をクリック。開いたページの大きな青いアイコン「See AMP Errors」をクリック。

3.「Accelerated Mobile Pages」のページが開くので、エラーを確認します。「Issue」を見ると、3タイプ、全部で26のエラーがあるようです。一つずつエラーを修正します。最初は、「1. Prohibited or invalid use of HTML Tag」から。これをクリック。

Google_Search_Consol_Error5.png


 エラーページのリストが表示されるので、ひとつずつ開いてエラーを修正します。
 
4.エラーページのひとつのリンクをクリックすると下の画面が表示されるので、①の「Run Validator」をクリックしてエラーの内容を確認します。ページの修正には、ページの日付けが必要なので、②のリンクをクリックしてページを表示し、作成日を確認します。

Google_Search_Consol_Error2.png


4.「Run Validator」をクリックすると下のページが開きます。

① 『Validation Status : FAIL』となっています。エラーがあることを示しています。ちなみに、エラーが消えると『Validation Status : PASS』と表示されます。

② エラーの内容を確認し、サイト内の問題のページを修正します。
③ 修正が完了したら、③「VALIDATE」ボタンをクリック。『Validation Status : PASS』と表示されれば修正完了です。

Google_Search_Consol_Error3.png


Google_Search_Consol_Error4.png


 他のエラーも同様に修正します。
 ただし、タグのエラーはどう修正すべきか分からないので、当面、放置します。


posted by ネコ師 at 00:13| Comment(0) | 役立つ知識(web編) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください