2017年04月15日

ミュシャのヒアルロン酸CMっぽいgifアニメ


 先日、ミュシャの展覧会に行ってきたので、ミュシャ関連で書きたいと思います。

 本当は、この記事は、低画質画像を改善する方法を紹介するつもりだったのですが、めんどくさくなったので、、UP用に作った素材のみ公開します。

Mucha_hyaluronic-acid.jpg


 ミュシャのイラストの大半はリトグラフ(石版画)なので、紙に印刷された版画です。このため、高画質にすればするほど紙の繊維が見えるだけで、きれいな絵になりません。

 そこで、このような版画の画像でも、中の人物の肌をきれいにする手法を紹介する・・・という記事を書く予定だったのですが、(難しくはないのですが)手順が複雑なため、紹介記事を書くための画像準備の手間を考えると、それほど力を入れて書くような内容ではないので、執筆を中止しました。

 せっかくなので、素材として作ったものをアップします。女性の肌がとてもきれいになっているのが分かると思います。

 イラストのような線画は、ぼかしをかけると線自体もぼけてしまいます。
 でも、下のGIFアニメは、肌はきれいになるのに、境界線の劣化がない。やはり、ヒアルロン酸の効果でしょうか。

 画像を加工したことのある方は分かると思いますが、この品質で加工するのは・・・意外と難しい。GIFアニメで見ると、ぼかし処理による画像の劣化を抑えていることがよく分かりますね。

 ([Ctrl]キーを押したままでマウスのジョグダイヤルを回すと拡大表示できます。ぜひ、拡大して違いをご覧下さい。しかも、劣化がない!)

 作業は簡単なのですが、その説明がとてもめんどくさい。だから方法の紹介記事とするのをやめました。

hyaluronic-acid.gif


 20枚のフレームのループになっています。美肌処理した10枚目で「ブタの臍帯血」の文字が2秒間表示されます。

 これはこれで楽しいgifアニメになっているのではないでしょうか。

 「ブタの臍帯血」と聞くと、処女の生き血を絞りそのお風呂に入ったという血の伯爵夫人、バートリ・エルジェーベトを連想してしまう管理人です。臍帯血は栄養素が凝縮している分、ブタの呪い・恨みも濃いような気がします。(個人の感想です)


posted by ネコ師 at 02:17| Comment(0) | 自作イラスト・GIFアニメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください