2008年03月19日

LAMBADAランバーダ


 これは思い出深い曲です。決して楽しい思い出ではないのですが、心を揺さぶる曲のひとつです。
 この懐かしのCFがYOU TUBEで見られるのにびっくりしました。

 ちょうど20年前、1989年~90年にかけて大ヒットした曲です。
 このオリジナル・プロモーションビデオは、中南米では毎日繰り返し流れていました。

 日本だと、どうしてもオチャラケ芸人の知識と常識に基づいた情報発信?で、いささか(かなり)うんざりですが、この当時の現地のランバーダブームはすごかったと記憶しています。

 今と同じ、「あはは、うふふ」という低俗な世界が日本に蔓延していた時期です。時代はめぐるということでしょうね。

 ビデオの作りが良いですね。このコンセプトがすきでした。曲の流れとストーリー展開がピッタリとマッチしています。

 このビデオが曲のヒットに一役買ったと思います。
 黒人の男の子と踊る娘をひっぱたく親父がなかなか渋く、よくまとまったビデオだと想います。

 浜のシーンが出てきますが、(コパカパーナかな?)、水平線と白い砂浜と、一列に並んで踊りながら進んでくる一団が印象的です。

最初に出てくる黄色いワンピースを着てマスカラを振っている女性がすごく存在感があります。

 20年たっても覚えていました。ほんのワンシーン見ただけなのにすぐに分かりました。

posted by ネコ師 at 05:54| Comment(0) | お気に入り音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください