2009年11月06日

カイリー・ミノーグの下着広告もいいけれど

 カイリー・アン・ミノーグ(Kylie Ann Minogue)の広告が、「セクシー過ぎて放送禁止!下着姿でロデオにまたがるカイリーのバイラル広告No.1に!YouTubeで3億超のヒット」(シネマトゥデイ映画ニュース配信)で話題になっています。

 どんなものかと見に行ったら、・・・。まあ、現物を見てください。
 YouTubeにたくさんアップされていますが、この映像が一番きれいだと思います。



 しかし、YouTubeで3億超ヒットとは、どう計算しているのか?
 たくさんアップしてあるのを全て合計してもとてもその数にはならないけど。これも広告戦略? それとも消されたのか?


 彼女は、1968年 5月 28日生まれというから、現在、41才くらいです。身長は153cmで、かなり小柄な方ですね。

 セクシー路線も良いけれど、個人的には、下のビデオが好きです。
 これは見ていて飽きない。何回も再生して見てしまいます。

 カイリーが段々増えて最後には5人になります。すると、背後の人たちも4倍に増えるなど、画像合成が違和感なく行われていて、出来の良い、見ていて気持ちの良いプロモーションビデオです。ビデオと曲がぴったりマッチしています。


【カム・イントゥ・マイ・ワールド(Come into my world、2002年)】




 これは、カイリーのアルバム「Fever(2001年)」に収録されている曲のシングルカット盤のプロモーション・ビデオだそうです。

 この時の撮影風景は、以下のYouTubeで見ることができます。年齢を重ねたカイリーの歌は迫力が違います。

Kylie Documentary 2008 - Come In To My World (Chapter 34)

 このビデオは、徹底的に「影」を削除しているのが特徴です。通行する車だけ影が少し見えますが、それ以外はすべて削除しています。撮影時間の関係で、影の位置が変わるのを避けているためだと思います。

 ビデオは2002年9月8日に、パリ郊外のブーローニュ・ビヤンクールで撮影されたものです。
歌詞はこちらから


posted by ネコ師 at 10:05 | Comment(0) | お気に入り音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

この曲をもう一度:「星月夜」、チャルメラのCMにもなりました

 永井龍雲の「星月夜」。1978年の曲です。明星チャルメラのCMにも使われました。ネットで調べたら作詞・作曲が永井龍雲となっています。村下孝蔵の作曲かと思っていました。

 この時代の歌詞は、今聴くと無理があります。シソの葉は風でにおうのでしょうか。聞いたことがありません。もっと香りの強いオレガノは全くにおいません。流れ星は、一瞬で"落ちます"。心象描写の方法が時代を感じさせます。
 
 決して批判している分けではありません。この曲は、私の好きなチャルメラ・ラーメンのイメージと重なり、大好きな曲です。永井龍雲のアルバムの中でも一番好きな曲です。

 ところで、チャルメラ・ラーメンは、・・いつもおいしいです。
 最近、いろんなラーメンが販売されていて、チャルメラを置いていないスーパーもあります。でも、チャルメラの味は忘れられないので、見つけると思わず買ってしまう。

 私は、歌詞はあまり聴かず、曲の旋律を楽しむ方ですが、たぶん、この曲に歌詞が音韻の面でもマッチしているのだと思います。歌詞に違和感を感じないのはそのせいだと思います。作詞・作曲を同じ人がやっているから、このように歌詞運びと違和感のないきれいな曲ができるのだと思います。

【追記】
 久しぶりにこの曲を聴いて、新鮮な想いだったのですが、色々思い起こせば、このレコードを買ったのを思い出しました。学生時代で、大昔のことなのですっかり忘れていました。
 スクレに赴任するとき、日本から持ってきたラーメンは、チャルメラ、チャルメラ味噌味、チャルメラ海苔です(笑)。これが皆同じ値段なのが解せない。チャルメラを食べるたびに、この曲を思い出します。
 
posted by ネコ師 at 13:01 | Comment(4) | お気に入り音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

"Jupiter" English Versionがあるんだ

 昨日、ラジオを聴いていたらこの曲が流れていた。

 全部、英語で歌った方が良い歌だと思った。

 誰の曲か知らないので、曲が終わるまで聴いていたら、平原綾香のジュピター(Jupiter)と紹介していたので初めて知った。(世の中から遅れている!)

 旋律がきれいな曲、そして歌手の声質がぴったりマッチしている。
 YouTubeを探したら、ありました。


英語で聴きたいと思ったら、英語バージョンもあった。
至れり尽くせり。

それにしても、きれいな曲です。
English Version、やはりいいなぁ。

 英語の歌詞を見るなら、こちらがいいでしょう。英語の勉強にもなります。


posted by ネコ師 at 20:00 | Comment(0) | お気に入り音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

村下孝蔵「初恋」と「少女」。チャン・ツィイーの可愛らしさに感動!


 村下孝蔵の曲は、・・はっきり言って、好きですね。
 特に、「初恋」には、心を打たれました。

 ところがどっこい。下の画像はすごい。普段は音だけ聞いているけど、チャン・ツィイーの画像付なら話は別です。

 「少女」という曲にぴったりの映像で感激。なんという映画のカットなのでしょうか? と知らないのは私ばかり。チャン・ イーモウ監督の「初恋の来た道」という映画だそうです。

これは"butterfly10count"さんがアップしています。

 チャン・ツィイーを最初見たとき、何でこんな子が主役なんだ!と思ったけど、映画を何度も見るうちにこの子のファンになりました。
こんな若い頃の映像があるのですね。

 ところで、チャン・ツィイーの胸があらわになるシーンをご存じだろうか。「グリーン・デスティニー」の中であるのだが、なぜか、現在公開されている全ての映画の中でカットされている。
場所は洞窟のシーン。ここで・・・と思うところでカットされている。

 私が見たのは、・・・ロスの映画館だったと思う。当時、無名のチャン・ツィイーにまったく関心がなく(追記:すみません、私は芸能界が全く苦手なので。当時、チャン・ツィイーは十分知られてしました。決して無名ではありません)、小さな胸がそのまま出ていても興味がなかったが、それ以降の「グリーン・デスティニー」の映画では全てカットされていた。あれはなんだったのか。その後、米国で見た時もやはりカットされていた。


posted by ネコ師 at 04:09 | Comment(0) | お気に入り音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

「風の谷のナウシカの曲」をBGMとして仕事


 久石譲、風の伝説のオーケストラ版です。長いのでBGMに最適。画像を見なくて良いし。

 アニメ主題歌のオーケストラ版ってよくありますが、妙にアレンジしすぎて・・、つまらない。
 風の谷のナウシカのマンガ版は面白いですね。映画も続編が出ないかなぁ。


「風の谷のナウシカ」風之谷です。


posted by ネコ師 at 00:45 | Comment(0) | お気に入り音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPに戻る